温泉街の中心に位置し、現在の湯畑は岡本太郎氏によって設計された。
草津温泉は、大小6か所の源泉が有り、日本一の温泉湧出量を誇る。
湯畑に設置された樋に結晶として付着した「湯の花」は、定期的に採取され乾燥させたのち、草津名物として販売されている。