長野県東御市から群馬県嬬恋村の鹿沢温泉への12Kmにわたる道路わきに、百体の観音さまが道しるべと旅人の安全を願って江戸時代の末期祀られました。