1910年に建てられた駅舎で、長野新幹線開業の1997年まで軽井沢の玄関口として活躍した。
2000年に実際の場所から西側に1番線ホーム沿いに移動して再建され、草軽軽便鉄道や信越線の資料館となっている。