489系・189系などの電車が「あさま号」に充当された。
上野駅から直江津駅間を、1997年の長野新幹線開業まで運行された。
碓井峠の急こう配を通過する列車のため、食堂車を抜いた軽い編成としたいきさつがある。