東北関東大震災

2016年4月15日 (金)

熊本地震/お見舞い申し上げます

昨日夜、熊本で地震が発生しました。被災された皆様にお見舞い申し上げます。

熊本は何度か訪れたことが有りますが、大好きな熊本城の石垣も崩れてしまったとのことでびっくりしてしまいました。

こちらは、以前訪れた時の「熊本城」の写真ですが、復旧は相当の時間を必要としそうですね。

Cimg0087
瓦屋根も報道映像を見ると相当傷んでいるようです。「しゃちほこ」も落ちてしまったようですね。

Cimg0118
城の回りには相当量の石垣が張り巡らされていますが、川沿いの長塀も被害にあっているようですね。

 こちらは、南大手門だったと思います。

Cimg0078
Cimg0116
Cimg0110
熊本地区の早期の復興をお祈りいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月31日 (木)

宮城県「松島」の今は

3月中旬に1年ぶりとなった東北宮城に二日ほど行ってきました。

東北大震災から5年。被災地の現状はどう変わったのか仙台市郊外の「松島」まで行ってみました。

Img_1004
海の方だけに視点を向けると今までと変わりのない景色に見えますが、一端陸地へと目を転じるとまだまだ当時の爪痕は色濃く残っていて工事の真っ最中でした。

海岸線は強固な新しい堤防が繋がっていました。

Img_1006
向かいの「雄島」まで渡ってみることにしました。駐車場から繋がっている道はまだ通行止めとなっているため、迂回路を通って行かなくてはなりません。

迂回路の先の港は震災を想像できない長閑な風景でホッとしました。

Img_1008
港から雄島への方向へ歩を進めると切り通しの道に繋がっていました。予想外の道にちょっとビックリ。

Img_1010
切り通しを超えると直ぐに「雄島」が見えてきました。

Img_1011

渡月橋を渡り島へ向かいます。

Img_1013
雄島はある僧侶が10年以上もの間、島から1歩も出ずに修行した島で有名ですね。その偉業を称えて贈られた千本もの松を島中に植え、これが「松島」の起源と言われています。

島内の岩に何十も掘られた洞窟の仏像が霊場の趣をかもしだしていました。とても霊験あらたかな島ですね。

ブログでどうぞと簡単に紹介できない雰囲気を感じたので関心のある方は是非訪れてみてください。

東北にはこれからも時々お邪魔させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

陸上自衛隊 第12旅団創立10周年記念式典中止

群馬県北群馬郡の相馬原(そうまがはら)駐屯地の陸上自衛隊第12旅団は、今年で創立10周年を迎えたそうです。毎年、この桜の咲く4月に、駐屯地内の綺麗な桜並木を解放し、自衛隊祭りを開催していました。今年は、戦車隊からヘリコプター隊に移行してから10周年記念であったのですが、東北関東大震災の活動のため、大会が中止となりました。

Pos1

この、第12旅団は、山間部の空中機動性を高めるため、ヘリコプター隊として10年前に編成された部隊です。奇しくもこの部隊が編成され、今回の災害派遣で活躍することとなりました。今回の、東北関東大震災では、ヘレコプター無くしての活動はありえません。地元のこの部隊が大活躍しているということで、誇りに思います。

今回の災害派遣の活動を地元から応援しています。東北地方が復興したら、記念式典を胸を張って盛大に行ってください。その時は、ヘリコプター飛行や模擬演習の雄姿をまた見に行きますから。

Vcm_s_kf_repr_200x225これは、陸上自衛隊第12旅団の部隊章です。

日本刀を止り木として大鷲が描かれています。

バックに、日本列島と、12旅団の12がデザインされています。

皆さん、この日本刀に止まった大鷲のマークをヘリコプターの機体に見つけたら、このブログを思い出してください。

    「翔け未来へ」 がんばれ東北・関東 !!

| | コメント (0) | トラックバック (0)