自動車・モータースポーツ

2018年8月31日 (金)

ワイドタイヤの静粛性・乗り心地は改善できるか

自動車のタイヤは、一般的に静かで乗り心地の良いものが好まれますが、スポーツ性の高い車となるとワイドタイヤの足回り傾向が強くなり、静粛性・乗り心地がどうしても犠牲となってしまいます。

しっかりした足回りのタイヤで安定走行を追求したい、しかし静かでゆったりとした走行もしたい、と相反した難しい条件ですがそれを叶えたいとの思いは拭えないものです。

では、ワイドタイヤでも静粛性・乗り心地を追求した高性能タイヤを履けばこの難しい条件はクリアーされるのでしょうか。

そこで、私の車で長期間の検証(←大袈裟)をおこなってみました。

私の乗っている車の標準タイヤサイズは 245/40/19 です。純正タイヤ・高性能タイヤ・スタッドレスタイヤと全く性格の違う3タイプのタイヤで乗り比べてみました。

  こちらは納車時の純正タイヤ 「 ダンロップ SPスポーツ MAXX 050 」

Img_0368_2

  こちらは、静粛性・乗り心地を追求した 「 ブリジストン レグノ GR-XI 」

Img_03701
  最後に冬用のスタッドレスタイヤ 「 ブリジストン BLIZZAK REVO 2 」 です。

Img_0372
この3セットの ①乗り心地 ②静粛性 ③運動性能 を比べてみました。

まず、「ダンロップ SPスポーツ」から。

① 乗り心地は、トレッドが3タイプの中で一番固いため、ごつごつ感じがあります。

② 静粛性は、やはりトレッドが固く、接地面が大きいのでそれなりの音は発生してしまいますが、不快なレベルではありません。

③ 公道で走る範囲での山道などのコーナリング性能は問題ありません。

次に、「 ブリジストン レグノ GR-XI 」です。

① 乗り心地は、接地面が広いためにさすがのレグノでも充分とはいえないレベルでした。しかし、こんな大きな接地面のタイヤでも多少は改善できる余地はあるものなのだなと思いました。

② 静粛性はさすがで、舗装の粒子が細かいところは非常に静かです。しかし、最近の高速道路などは透水性舗装の場所が多くなり、このように路材の粒子が大きい舗装では性能を充分に発揮できない。3タイプのタイヤともに透水性舗装の場所は苦戦です。

③ 運動性能は、トレッドコンパウンドが柔らかいせいか、タイトなコーナーでの追従性能も良好です。

最後に、「 ブリジストン BLIZZAK REVO 2 」です。

① 乗り心地は、前の2種に比べてブロックが細かくコンパウンドが柔らかいためか比較的良好です。

② 静粛性は、スタッドレスと思えないほど静かで性能の進化に感動しました。かといってレグノほどのレベルではありませんが、スタッドレス全般のレベルに比較して良好です。

③ 運動性能は、コンパウンドが柔らかいために一定のレベルまで粘りますが、スタッドレス特有の細かいブロックパターンが災いして一定のレベルを越すと腰砕けになることがあります(乾燥舗装路路にて)。

以上、3タイプの乗り比べですが、意外なことに①乗り心地は「 ブリジストン BLIZZAK REVO 2 」、②静粛性は「 ブリジストン レグノ GR-XI 」、③運動性能は「ダンロップ SPスポーツ」と別れてしまいました。

しかし、「 ブリジストン レグノ GR-XI 」の性能は特筆するものがあり、今まではレグノのワイドサイズは販売されていませんでしたが、現在では販売されるようになったので納得のいくレベルに達したためと判断したのでしょうね。

扁平率が低く広い接地面での条件下では、静粛性・乗り心地の対比は不利ですが、そこに着目して開発したタイヤはそれなりの性能を有していました。

40扁平のワイドタイヤでも優雅にしなやかに乗れるラグジュアリースポーツカーの時代になってきました。まだまだ良いものが現れると思います。更に進化したこれからのタイヤが楽しみです。

Img_03691

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

志賀草津高原ルート 雪の回廊

昨年11月15日から冬期の間閉鎖していた「志賀草津高原ルート」(国道292号線)が、除雪も既に完了し、4月21日に長い冬の冬眠から目覚めました。

そこで、久々にドライブがてら雪の回廊を見に訪れてみることにしました。

正面が白根山。更に真ん中の奥に噴煙を上げているのが浅間山です。

Img_1473
日本一標高の高い国道として有名な所だけあってさすがに積雪も半端ないですね。

積雪の壁はバームクーヘンの切り口のように何層もの積雪が重なっていました。

Img_1481_1
私の訪れた時の山田峠(最高地点より低いところ)の外気温は、0度でした。車から降りたら風の冷たいこと冷たいこと。

こんな良い天気で0度とは・・・。 別世界ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

BICC Rally of Tsumagoi 2015 幻のフォトコン

BICC Rally of Tsumagoi 2015のフォトコンテストに応募したはずのメールがなんと事務局に届いていないのを今日になって気付きました。

写真の容量が大きかったのかと容量を相当下げたのですが何度送信しても不可。

ということで残念ですが今年の応募は諦めました。

その応募しようとした作品が以下の3点です。

 ①新井選手の大ドリフト。海外仕様の左ハンドルの新井さんの表情もとらえられました。 

Bicc2015_no1

 ②ギャラリーステージのコースを目一杯使っての激走

Bicc2015_no2

 ③スノーラリー独特の雪煙に逃げ惑うギャラリー達

Bicc2015_no3
今回は、ナイトラリー独特の闇と光を意識して作品作りをしました。

来年は参加するかどうか思案中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月30日 (金)

BICC Rally of Tsumagoi 2015 波乱の開幕

今年も恒例のBICC Rally of Tsumagoi 2015の観戦に行ってきました。

Img_9513

さーそろそろラリーカーが出走という頃になって一般道の交通事故によりSSに繋がるリエゾン区間が通行止めとなり、なんとSS1がキャンセルとなってしまいました。

当初SS1とSS3の両方がキャンセルというアナウンスが有りガッカリしていたのですが、なんとかSS3は出走できることになりました。

  恒例のキャベツ号、黒岩選手です。

Img_9616_1
  新井選手の息子さん大輝選手です。豪快に攻めていました。

Img_9620

取り急ぎのブログアップですが、改めてゆっくりと紹介していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

全日本ラリー選手権第5戦 「モントレー群馬」その③

全日本ラリー選手権第5戦の2日目は、数少ないグラベルSSを浅間サーキットで観戦しました。

このサーキットは、モータースポーツの発祥の地と言われていて、放送解説の篠塚建次郎さんが車の開発のテストコースとしてその昔、随分走り回ったことを熱く語っていました。

そうこうしているうちに競技者が入ってきました。オッと、新井選手がまさかのスピン。

この日の追い上げはいかばかりかと思っていましたが痛いミスです。

Img_9356_1

Img_9460_1

次々とゴールそしてスタートと二本のSSをこなしていくなか、次のSSでは突如豪雨との情報が入ってきました。

まだ、この浅間サーキットは晴れていました。そこに近づいた雨雲など誰も気にせずコース上へと熱い視線が注がれています。

Img_9498
そして、2本のSSが終了し、移動のために車を走り出した途端、その豪雨がこちらにもやってきました。

Img_9568_2
その後、上位選手が豪雨の餌食となったと速報で入ってきました。

こうして、モントレー2014はグラベルから高速ターマックとそして豪雨のオマケまで付いて幕を引きました。

非情にギャラリーに配慮した楽しめるラリーを久々に堪能した2日間でした。

関係者の方々に感謝します。きっと来年もエキサイティングなラリーとなることでしょう。

また来年、嬬恋で会いましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

全日本ラリー選手権第5戦 「モントレー群馬」その②

大前~須坂線のSSからラリーパークイベント会場に設定されたパルコール嬬恋リゾートのSSに移動しました。

全日本戦のSSの合間に有名選手のデモランが見られるというファンにはたまらない企画もあり、会場は大盛り上がりでした。

久々にダートラキング谷田川選手の走りを見ました。いつもグラベルの走りばかりなので、ターマックの走りを見たのは初めてかもしれません。

豪快な大ドリフトの走りは改造部門のあるモンスター車ならではですね。

Img_2162

Img_2303

イベント会場は各メーカーの出展や、懐かしいラリー車などの展示もあり、嬉しい限り。

Img_2309Img_2310_3


Img_2311_2

Img_2318

Img_2332

↑いよいよ全日本の双田原選手のアドバンカラーの車両がイベント会場の特設コースに入ってきました。

身近に競技車両と接することが出来るのもイベント会場ならでは。↓

Img_2348_5

―--- 27日の浅間サーキットへとつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

波乱の全日本ラリー選手権第5戦 「モントレー群馬」その①

忙しさもやっと一区切り付いて、26日・27日と群馬県の嬬恋村で開催された全日本ラリー選手権第5戦「モントレー群馬」の観戦に出掛けてきました。

26日の11区間のSSを終了し、上位有力選手が数秒の中でひしめく面白い展開となり、2日目に注目が集まりましたが、突然のゲリラ豪雨により上位陣が次々とコースアウト等によりリタイアとなってしまいました。

     -----------------------------------------------------

26日、先ずはパノラマラインの高速コースへ。

広い車線をフルに使う高速コース、名物のこの直線、ベテランドライバーをしても胃が痛くなるとか。まるでサーキットコースです。

Img_1834

コースを熟知した地元黒岩選手は、イノベーションクラスに関わらず無駄のないコース取りでインを豪快に攻めていました。

Img_1841jpg2_1
その後、ギャラリーステージに設定されている大前~須坂線へ。

このSSでは、上位陣が果敢に攻めていました。

カーNo1、双田原選手
Img_1903_1_2
インを攻めるカーNo2勝田選手

Img_1918_1

ここ何戦か追い上げを見せているカーNo3新井選手

Img_1925_1

ちょっとスピード感を出すため、1/50のシャッタースピードで数枚撮ってみました。

Img_2044_1
はたしてこの後は・・・つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

BICC Rally of Tsumagoi 2014 観戦

今年も群馬県の嬬恋村で開催されたBICCラリーの観戦に行ってきました。

スペシャルステージ1のゴール付近です。アイスバーンでツルツルです。

Vcm_s_kf_repr_882x588
Vcm_s_kf_repr_882x588_4
総合優勝(BICC CUP 優勝)は、戦前の予想通り新井敏弘さんでしたが、JAF東日本ラリー選手権には息子の新井大輝さんが3位(総合5位)に入賞するという親子での活躍でした。

  総合優勝 新井敏弘選手

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

   JAF東日本ラリー選手権3位(総合5位) 新井大輝選手 

Vcm_s_kf_repr_882x588
息子の大輝さんは、昨年の全日本新城ラリーで免許取得1年未満であるというルールのためにオープン参加でしたが、4番時計を叩き出すという快挙を成し遂げました。今回の雪上ラリーでも前記のような成績を出したため、今後が楽しみです。恐ろしい才能だ

コースオープンは22時過ぎでした。薄暗い時間に来場したコースは、どっぷりと夜の帳が降りていました。

Img_8623

今回も沢山の写真を撮っていますので、機会が有ったら後日紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

BICC「ラリーオブ嬬恋」2013 フォトギャラリー④

暫くアップする時間が無くて間が開いてしまいました。

何回かに分けて、出来るだけ多くの写真を紹介していきたいと思います。

Vcm_s_kf_repr_906x573

今年もナイトステージは、この無印良品提供の「カンパーニャ嬬恋キャンプ場」センターハウスのウッドデッキです。 

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

こんな感じでにぎわっていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

デッキから見ると、右側はこんな感じ。

Vcm_s_kf_repr_882x588

そして、左側はこんな感じのロケーションです。路面はテカテカです。

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

Vcm_s_kf_repr_882x588_6

Vcm_s_kf_repr_882x588_7

今回は、フラッシュを使用しないで撮影した写真を中心に紹介します。

Vcm_s_kf_repr_900x578

Vcm_s_kf_repr_882x588_8

Vcm_s_kf_repr_882x588_9

Vcm_s_kf_repr_922x564

Vcm_s_kf_repr_892x581

Vcm_s_kf_repr_882x588_10

Vcm_s_kf_repr_898x579   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

BICC「ラリーオブ嬬恋」2013 フォトギャラリー③

BICCフォトギャラリーの3回目です。今回は、DAY2・SS10のパルコール2です。

今回も出走順に10台までの紹介です。11号車以降は改めて・・。

No0 ベテラン篠塚健次郎さんのゼロカーでSS10のスタートです。

Vcm_s_kf_repr_882x588

No2 新井選手 え~、ここ走るのー。って言ってるかは不明。

Vcm_s_kf_repr_910x571

Vcm_s_kf_repr_900x577

Vcm_s_kf_repr_868x600

No3 炭山選手

Vcm_s_kf_repr_888x585

No1 黒岩選手

Vcm_s_kf_repr_866x599

No11 竹内選手

Vcm_s_kf_repr_930x560

No7 福永選手

Vcm_s_kf_repr_922x563

No6 千明選手

Vcm_s_kf_repr_902x575

No4 星野選手

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

No12 草間選手

Vcm_s_kf_repr_914x569

No10 朝倉選手

Vcm_s_kf_repr_904x575

No16 堀江選手

Vcm_s_kf_repr_924x562

その後、走路は霞み暗雲立ち込めていきます。スタートの電光掲示もご覧の通り。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

Vcm_s_kf_repr_882x588_5           

| | コメント (0) | トラックバック (0)