« 今宵は日本酒を 「菊水 ひやおろし」 菊水酒造 | トップページ | 今宵は日本酒を 「酔鯨」 高知県 酔鯨酒造 »

2018年11月12日 (月)

「八ッ場ダム」の今

平成27年(2015年)から着工となった「八ッ場ダム」は、その完成がオリンピック開催の年である平成32年(2020年)となり、あっという間に竣工となってしまうようです。

この八ッ場ダム完成後のダム湖周辺には1万本の桜が植えられる予定になっており、すでに植樹も進められているとのことです。

吾妻線の一部水没に伴うルート変更で廃線になってしまう路線を撮影するたるために、長い期間行き来した縁もあり、引き続き移りゆく八ッ場の様子を記録できればと思っています。同時に、新しく生まれ変わるこの地が発展していくれることを切に願っています。

それでは、たまに訪れた時に撮影したダムの進捗状態をご覧ください。

     2017年5月28日 ダムができる両岸の基礎工事が完成しています。

Img_4510_17528
     2018年1月19日 だいぶコンクリートが上がってきて形が見えてきました。

Img_0189_18119 
     2018年10月10日 ほぼダムの形になりました。

Img_0420_181010
ダムの水没地域の建物はその殆どが無くなっていますが、水没する吾妻線の鉄橋はそのまま残されると聞きました。

上流の橋からは河原湯温泉駅の下流側にあった「第二吾妻川橋梁」がダムサイトの湖底に見えます。

Img_0518_18115_2
以下は、過去にブログアップした「第二吾妻川橋梁」の写真の一部です。

ご参考までにご覧ください。

http://asamatsuushin.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-8ba9.html

http://asamatsuushin.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-b3e9.html

http://asamatsuushin.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-f395.html

http://asamatsuushin.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-27f4.html

http://asamatsuushin.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-f847.html

|

« 今宵は日本酒を 「菊水 ひやおろし」 菊水酒造 | トップページ | 今宵は日本酒を 「酔鯨」 高知県 酔鯨酒造 »

八ッ場ダム」カテゴリの記事

コメント

ダムに沈む。。。と言うだけで何気ない風景が悲し身に包まれてしまう。
特に紅葉の季節、桜の季節などの美しい光景になればなるほどこの光景が二度と観られなくなる感があります。

あれだけの騒ぎが在ったのに、今は誰もその地名すら口にしませんし、忘れ去られています。
あの騒ぎはなんだったのでしょう?
うまく政治に利用されてしまったようです。

山も紅葉も何も変わらず、動かず、すっとそこに在るのに、人間だけが、右往左往している。
滑稽ですね。

投稿: おさかな | 2018年11月12日 (月) 21時23分

おさかなさん おはようございます。
過去、首都圏の給水容量が貧弱であったため、幾度となく給水制限を余儀なくされてきました。
その後、群馬県を中心に首都圏の水瓶が整備され、近年はそれほど深刻な水不足がなくなりつつあります。
また、下流域での洪水、氾濫などによる被害が頻繁に発生していたため、それらの放水コントロールもこれらのダムでされています。
私たちの生活は、このダムに限らず安全と安定そして便利を向上させるために高速道路網・新幹線網・飛行場の整備などの交通インフラの整備、住宅地や商工業地・農耕地の確保のためそれらすべてが自然を切り開いてきました。
居住地ではない場所への開発はそれほどリスクを伴わないと思いますが、その場所が居住地であった場合、その地を離れる住民の心労は計り知れないものがあると思います。
そのような人たちの苦労の上に我々は現在、安全・快適な暮らしができているといっても過言ではないと思います。
しかし、単に反対・反対とする部外者の人達は、今の我々が不自由のない生活ができている開発・開拓を全否定しているのと一緒ではないでしょうか。
その地を離れる人たちには手厚い環境保護を確保し、共に未来に向かって共存共栄できればと思っています。
現代の人たちには文化の無い生活や原始の生活は想像できないと思います。
開発によって苦労された住民たちが過去に沢山いて、その上に我々が不自由なく生活できていることを忘れることなく感謝したいものです。
「八ッ場ダム計画」は、半世紀以上を掛けて現在に至っています。長い年月を掛けて出来上がった暁は、八ッ場ダム周辺の発展を、また下流域の安全・安心を願おうではありませんか。

投稿: 浅間通信員 | 2018年11月14日 (水) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「八ッ場ダム」の今:

« 今宵は日本酒を 「菊水 ひやおろし」 菊水酒造 | トップページ | 今宵は日本酒を 「酔鯨」 高知県 酔鯨酒造 »