« 今宵は日本酒を 「水尾 / 紅 ひやおろし」 | トップページ | 今宵は日本酒を 「亀齢 / 岡崎酒造」 ひやおろし »

2018年10月30日 (火)

今宵は日本酒を 「大盃 秋あがり」

今回の日本酒は、高崎市倉渕町「牧野酒造」の「大盃(おおさかずき)」です。

2006年に群馬郡倉渕村から高崎市へと編入された地域で、その昔は高崎から信州の善光寺や上州の草津温泉などに旅するひとの分かれ道で栄えた宿場町だったようです。

この道を通る機会があるときは度々「酒蔵」に寄らせていただいています。今回訪れた時は、御主人が「今年はいいよ~♪。」と嬉しそうにしていたので期待大で即購入。

2018年の「大盃」の「秋あがり」です。(空瓶の写真で失礼)

Img_0488
実は、もう1ヶ月ほど前に呑んでいたのですが、さすがにご主人が自慢するだけのことはあり、昨年に比べると「まろやかさ」がグンと増していました。

こちらは去年のラベルです。日付は違いますが同じデザインだったので引用しました。

Img_0491

腰の強い濃厚な口当たりの「大盃」ですが、甘味・酸味・苦味・旨みなどが濃縮されているわりには、どれもが主張しない絶妙なバランスで、しつこくない後味でした。

この「酒蔵」は、私が群馬県の日本酒を進めるときは必ず出てくる「蔵」です。

昨年度の品評会出品酒「桶六十七号」もおいしかったなー。

Img_0492
「美味しい水の湧くこの土地に蔵を作ってくれた先祖に感謝しています。」とご主人が以前おっしゃっていましたが、なるほどとうなづけます。

興味のある方は是非お試しあれ・・・。

|

« 今宵は日本酒を 「水尾 / 紅 ひやおろし」 | トップページ | 今宵は日本酒を 「亀齢 / 岡崎酒造」 ひやおろし »

食物・飲物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今宵は日本酒を 「大盃 秋あがり」:

« 今宵は日本酒を 「水尾 / 紅 ひやおろし」 | トップページ | 今宵は日本酒を 「亀齢 / 岡崎酒造」 ひやおろし »