« 五箇山・白川郷 / 世界遺産 合掌造りの里 | トップページ | なんじゃこりゃ! »

2018年10月23日 (火)

富山県 駆け足旅

前後しますが、黒部渓谷鉄道から富山・岐阜の合掌造り集落に移動する間に富山県内を駆け足で観光していますので紹介します。

黒部渓谷鉄道を楽しんで富山市内に宿を摂ったのですが、富山といえば「鱒ずし」ということで、調べておいた富山城周辺の「鱒ずし屋」さんを訪れました。

Img_6399
しかし、ここで大失敗。「鱒ずし」は生物。どのお店も夕方にはすでに完売で閉店していました。やっと見つけたお店も2段重ねが1個有るのみ。なんとかそれを購入して滑り込みセーフでした。 実は、私は鱒ずしが大好きなので、朝に黒部渓谷鉄道に行く道中で、お昼のお弁当用にと鱒ずしを1個購入していたのです。その時は鱒ずしは山のように積んであったので油断してしまいました。事情を知らないということは恐ろしいですね。次の日、サービスエリアでもう一個購入し、なんとかお土産の形を整えることができました。

富山城前の酒屋さんで地酒も購入し、帰りの道すがらに路面電車も撮影しました。旧車のデ7000形を運良く撮影できました。

Img_6416_1
次の日、高岡市に移動して「瑞龍寺」と「高岡大仏」を訪れました。

「高岡山瑞龍寺」は、曹洞宗の禅宗様式の仏教建造物として国宝に指定されているということもあり、立派なお寺でした。

Img_6422
残念ながら入口の「総門」が平成33年まで修復中とのことで観ることができませんでした。

そして、こちらは「総門」の次に現れた「山門」です。

Img_6425
「山門」を抜けると回廊が「仏殿」を取り囲み、見事な空間を演出していました。

Img_6431
回廊の奥には、かの有名な、今的に表現すると「トイレの神様」である「烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)」が祀られていました。「法堂」に祀られていると思っていたため、回廊の角に現れてビックリしました。後でしらべたところ、かつて存在した「東司(トイレ)」に近い場所(本来の場所)に移動されたようでした。現在失われたトイレと浴室は近い将来再建する予定があるそうです。

「烏枢沙摩明王」を思いがけず間近で観られて感激しました。

Img_6429
年季の入った木魚が「禅堂」の前にさがっていました。現在も合図の音として使われているのでしょうか。

Img_6434
「法堂」から「仏殿」を観ます。

Img_6450
素晴らしい伽藍を堪能し、北上して「高岡大仏」に向かいました。

Img_64601
二枚目の大仏様ということで横顔もパチリ。

Img_6464
こちらでは御朱印が不在でいただけませんでした。残念。

もう少し富山県をあちこちと訪れたかったのですが、又の機会のお楽しみということで富山を後にしました。

|

« 五箇山・白川郷 / 世界遺産 合掌造りの里 | トップページ | なんじゃこりゃ! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山県 駆け足旅:

« 五箇山・白川郷 / 世界遺産 合掌造りの里 | トップページ | なんじゃこりゃ! »