« 長野原線(現 吾妻線)の支線、太子線の太子駅を復元 | トップページ | 秩父三十四観音巡り 「絶壁・天空」の法性寺 ① »

2018年8月 7日 (火)

「日本百観音」巡礼の旅

全国各地への旅行先で神社仏閣を訪れることが好きな私は、いつからか「御朱印」も頂くことが慣例となっていました。

ある日、「四国八十八ヶ所霊場巡り」は知っていたものの、身近にも「全国百観音霊場巡り」があることを知りました。

「全国百観音」とは、関東地方の「坂東三十三観音」さらに埼玉県秩父市に集約された「秩父三十四観音」、そして関西地方の「西国三十三観音」の合計百寺院の観音霊場をまとめたものです。

今まで長い年月の間に訪れた寺院の御朱印の中にも、前記の「全国百観音」の寺院が含まれていたのです。そして、いろいろな御朱印帳にばらばらに頂いていたそれらの御朱印を専用の「納経帳」にまとめたいとの欲求に駆られてしまいました。

用意した「納経帳」がこちらの三冊です。この納経帳を手に入れてからしばらくの月日が経ちますが、重みが変わった気がします。自己満足なんでしょうけどね。

          「坂東三十三観音」納経帳

Img_0359
          「秩父三十四観音」納経帳

Img_0360
          「西国三十三観音」納経帳

Img_0357

一年間ブログを休んでいたので、その間に訪れた寺院もたくさんあるのですが、機会あるごとに紹介していきたいと思います。

「全国百観音霊場巡り」の文化は、戦国時代以前の文献にも記録があるとのことで、古い歴史があるようです。江戸時代になると「旅」の文化が開花し、一層それに拍車をかけたんでしょうね。

秩父の観音霊場は、江戸時代には旅人への案内図まで発行されていたようで、今ではその江戸道の案内マップと道標をたどって遍路する方もいるようです。

四国には、八十八ヶ所巡りもありますし、一生終わりはなさそうです。

|

« 長野原線(現 吾妻線)の支線、太子線の太子駅を復元 | トップページ | 秩父三十四観音巡り 「絶壁・天空」の法性寺 ① »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日本百観音」巡礼の旅:

« 長野原線(現 吾妻線)の支線、太子線の太子駅を復元 | トップページ | 秩父三十四観音巡り 「絶壁・天空」の法性寺 ① »