« 「日本百観音」巡礼の旅 | トップページ | 秩父三十四観音巡り 「絶壁・天空」の法性寺 ② »

2018年8月 8日 (水)

秩父三十四観音巡り 「絶壁・天空」の法性寺 ①

秩父三十四観音霊場 第三十二番 「般若山法性寺」 の紹介です。

その奥の院は、今まで訪れた観音霊場でも特筆の仰天スポットでした。

本堂の奥にそびえる長さ200mといわれる巨岩のヘサキに祀られたこちらの「お船観音」。

Img_5859

さらにその船の一番高いところに如来様が鎮座しています。

船型の巨岩の両脇は切り立った超絶壁

ひとつ間違うと滑落必至 

危険度MAXなので、高所恐怖症の人や、山登りに慣れていない方にはお勧めできません。

ということで、内容満載なので、2回に分けて紹介することにしました。

こちらが当寺の楼門です。門の2階部分が鐘楼となっている珍しい造りです。

Img_5794
門の両脇には仁王様が、そして門の中程に般若面が睨みを利かせています。

Img_5795
楼門を抜けると整備された石段が本堂へと続いていました。

Img_5799
あれ、予備知識とは違った整備された雰囲気に一安心。でも奥の院は、予備知識をはるかに超えた場所であることをこの時は知る由もありません。

本堂に到着しましたが、先に奥の院に参拝し、最後に改めて訪れることとしました。

Img_5873
本堂を抜け、先に進みます。

Img_5802
石段を登りきると、「観音堂」が現れました。

Img_5810
御堂の奥の洞窟には、子授けのご利益があるといわれているお地蔵様が祀ってあります。

Img_5816
この観音堂の横に巨岩が寄り添ったトンネルが有り、これから先はしばし山登りが続きます。

Img_5821
途中に、岩場にはめ込まれた祠がありました。

Img_5832

さらに山道を暫く進むと、いよいよ岩場が現れてきました。

Img_5842
写真では解り辛いですが、結構な勾配です。鎖場も現れてきました。

Img_5846_2
急こう配ながらなんとか登れる環境に少しホッとしましたが、この時は、この後の恐怖は想像できませんでした。

②につづく・・・

|

« 「日本百観音」巡礼の旅 | トップページ | 秩父三十四観音巡り 「絶壁・天空」の法性寺 ② »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

うわ、ここは大変そうだ
好きだけど・・・(雰囲気はね)

登れそうにはないかも・・・
何せ坂を見るとバックしちゃう性格なので(つまり大変な事が嫌い)

でもその後の絶景をみたら気持ちが変わるかなぁ・・・

投稿: おさかな | 2018年8月 8日 (水) 17時11分

おさかなさん こんにちは。
頑張れば報われるかな? なんて考えは通用しない命を落としかねない危険な場所でした。
少し経験があったので、過信せずに慎重に慎重に登拝させていただきました。「すばらしい場所なので是非行ってみてください」なんて軽々しく言えない場所です。
如来さまは、宇宙一の神様といわれていますから、そのひとがここまでと断念したとしても必ず御慈悲をくださる懐の深さをもっているとおもっています。

投稿: 浅間通信員 | 2018年8月 9日 (木) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秩父三十四観音巡り 「絶壁・天空」の法性寺 ①:

« 「日本百観音」巡礼の旅 | トップページ | 秩父三十四観音巡り 「絶壁・天空」の法性寺 ② »