« 今宵はワインを 「BICHOT 1988年」MACON-VILLAGES | トップページ | 今宵は日本酒を 「高野山 般若湯」 »

2018年8月24日 (金)

「高野山」③総本山金剛峯寺/高野町

今回は、真言宗の総本山である「金剛峯寺」を紹介します。

言わずと知れた弘法大師が開祖のお寺で、一番最初に紹介した「大門」を入口として高野山一帯の寺院群すべてがこの寺の境内だという事です。1回目に紹介した「金堂」がこのお寺の本堂にあたるそうです。

総本山の入口にやってきました。身が凛と引き締まるおもいです。

Img_4822
こちらが「正門」です(山門は「大門」)。この敷地内の建物の中で一番古いのだそうです。創建当時は天皇・皇族そして当寺の住職しか通れなかったのだそうで、一般僧侶含めその他の人たちは右の塀に造られた入口しか利用できなかったのだそうです。

Img_4786
門を潜ると、「金剛峯寺」が現れました。玄関が二つあり、正面は「正門」と同様に一般参拝者は入れないので、右側の玄関から建物に入ります。

Img_4788
屋根の上に桶が幾つも乗っています。これは、何度となく火災にあった教訓を生かし、たまった雨水を屋根に撒いて湿らせて火の粉が降っても類焼しないようにしたものだそうです。歴史的な寺院の火災は多いですからね。

Img_4791
屋根は、日本古来の伝統「檜皮葺」のために燃えやすいんですね。幾重にも重ねられた檜の皮の層が見事です。

Img_4819_2
内覧はできるものの撮影はできないので残念ですが、狩野一派の手がけた襖絵の豪華絢爛な部屋が次々と現れ、心洗われました。

長い回廊の外は、日本でも最大級の庭園が次々と現れます。

Img_4795_2

Img_4793
Img_4802
こちらが台所で、唯一室内を撮影した写真です。当寺に仕えていた皆さんの食事を賄っていたところです。現在も祭事の際にはまだ使われているのだそうです。かまどで炊いたご飯はおいしいでしょうね。

Img_4810

真言宗の総本山の奥深さを知る貴重な機会となりました。

|

« 今宵はワインを 「BICHOT 1988年」MACON-VILLAGES | トップページ | 今宵は日本酒を 「高野山 般若湯」 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「高野山」③総本山金剛峯寺/高野町:

« 今宵はワインを 「BICHOT 1988年」MACON-VILLAGES | トップページ | 今宵は日本酒を 「高野山 般若湯」 »