« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

坂東三十三観音霊場/第22番 妙福山 佐竹寺

坂東三十三観音霊場巡りの今回は、茨城県常陸太田市の「妙福山 佐竹寺」です。

戦国時代に兵火により焼失していますが、常陸太田城主の佐竹 義昭により「佐竹城」の鬼門除けとして現在の場所に再建されたのだそうです。

以来、厄落としのために北向きに建てられた寺であるため、「北向観音」と呼ばれています。

県道沿いに位置しており、長い長い階段はありません。居住地の一角に構えたお寺なので、住民とともに歩んできたのであろうと想像できます。

山門では、鬼門除けの寺とはいえ、親しみの湧いてくるような仁王さまがお出迎えしてくれました。

Img_4412

本堂の屋根は、時代を感じる茅葺で年月の重さがひしひしと伝わってきます。

Img_4415

重要文化財の建物ですが、千社札がいっぱいです。

現在は、文化財などに指定された建造物には千社札を貼ることが禁止されているケースが多いようですが、いつ頃に貼られた札なのでしょうか。

そういえば、長い竿を使って札張りをしている姿を最近はあまり見かけなくなったように思います。

Img_4437_1

Img_4431_2

本来、神社仏閣の願掛けは、社寺の膝元(近所)で一夜を過ごし、夢の中で神仏に会って祈願をするというのが正式だと聞いたことがあります。寺院の傍らに宿坊や参籠所があるのはなるほどと合点がいきます。由緒ある神社仏閣の参道沿いは宿泊施設が発達していますよね。

以前紹介した「真田ゆかりの建物」の中で、「日向見薬師堂」には神社の境内の参道上に宿泊所が併設されていたのを思い出しました。

そうそう、先ほどの「千社札」は、参拝が日帰りであっても、そこに泊まりましたという仮の姿だとも言われているそうです。

Img_4413

Img_4434

参拝を済ませ、納経所へ御朱印を頂きに訪れると二組ほど順番を待たれていました。

私の前の方とお話ができましたが、なんと「坂東三十三観音霊場巡り」は二巡目だということでした。正式な参拝の礼儀である「お礼参り」でしょうか。恐れ入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

小林麻央さんのブログ「KOKORO」を訪ねて

小林麻央さんのブログ「KOKORO」を訪ねてみました。

笑顔の写真が痛々しいです。

そういえば、私も麻央さんのブログタイトルのような花を撮っていたな・・・。と思い出しました。

Dsc_0232
Dsc_0245_1

 

        麻央さん、頑張りましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

坂東三十三観音霊場/第24番 雨引山 楽法寺

今回の坂東三十三観音霊場巡りは、茨城県桜川市の「雨引山 楽法寺」です。

訪れてから1ヶ月も経過してのブログアップとなってしまいました。

奈良時代の天皇であった聖武天皇と光明皇后が安産祈願をした寺であったため、現在も安産子育て祈願の根本道場として信仰されています。

山門を潜ると本堂まではお約束の長い階段です。

Img_4444
階段中程に「鐘楼堂」があります。何度も改築され、現在の建物は1800年代の建物だとか。

Img_4490

更に階段を進むと「仁王門」が現れます。門の表裏に新旧の仁王が睨みを利かせていました。

Img_4451
途中で、このお寺の名物?に・・・。

なんと、クジャクが放し飼いされています。近寄っても人に懐いているので怖がりません。

非現実的な場面に複雑な感覚。

Img_4481
やっと本堂(観音堂)まで上がってきました。御朱印を依頼し、境内を巡ってみました。

まずは本堂でお参りです。

Img_4470_2
Img_4480
Img_4471
Img_4473
徳川家康の息の掛かったお寺だけあり絢爛豪華な佇まいでした。

本堂の左手に聖武天皇の発願により建立された「多宝塔」がデンとそそり立っています。真言宗のお寺という事もあって、高野山の壇上伽藍を彷彿とさせます。

Img_4464

Img_4466
本堂の右側には徳川家康の位牌堂である「東照宮」がありました。

この寺は、徳川家康より寺領として百五十石を拝領していたため、家康の死後に建立されたという事です。Img_4477
日光の東照宮とは規模が違うものの立派な造りの祠堂でした。

境内を一巡し、納経所で依頼していた御朱印帳をいただきました。流れるような優雅な書体に感動しました。

境内はひっきりなしに人が行きかい、信仰の厚みをうかがい知ることのできるお寺でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »