« 諏訪大社四社まいり/①下社秋宮 | トップページ | 諏訪大社四社まいり/③上社前宮 »

2017年4月17日 (月)

諏訪大社四社まいり/②下社春宮

今回は「下社春宮」です。お正月にその年の作物の出来や世相そして天候などを占う「筒粥神事(※)」がおこなわれる神社として知られています。

実は、鳥居に通ずる参道の遥か手前に屋根の掛かった太鼓橋(下馬橋)が有るのですが、そこを渡ってこの鳥居まで来るのが礼節だという事です。

この長い参道はその昔、武士などによって流鏑馬が盛んにおこなわれていたということです。

下馬橋は、駐車場の手前に位置しているためうっかり写真に収めるのを忘れてしまいました。

Img_1453

鳥居前の手水舎で清めを済ませ、鳥居をくぐると酒蔵各社の奉納樽が積んでありました。

帰りに諏訪の美味しいお酒を購入していくことにしましょう。

Img_1467

参道を進むと「御神木の杉」と「神楽殿」、そして奥に拝殿が見えてきました。それぞれの配置は「秋宮」と共通しています。

「御神木の杉」は、上の方で二股に分かれていて「縁結びの杉」と言われているそうです。

Img_1466
拝殿の右隣にこの社で一番大きな「一番柱」がそびえ立っていました。

Img_1461

拝殿は、「秋宮」と大きさこそ違いますが二重楼門造りの同じ造りとなっています。
Img_1460

   ※「筒粥神事」

以前、ある神社でおこなわれた「筒粥神事」の写真がありましたので紹介します。

まず、釜の中に葦を40本ほど束ねて米と共にお粥を炊きます。こちらは、炊きあがって取り出した葦の束です。

Img_0065_1
次に、占う目録に沿って端から1本ずつ葦を割り、お粥が葦の筒の中にどのくらい入っているかを5段階評価(この神社では)で占っていきます。いっぱい詰まっていれば「5」で、目録が作物名の場合はその作物は豊作ということになります。

この写真では最悪の「1」だったようですね。何の項目だったんでしょうか。

Img_0073_1

「下社春宮」では、1月14日から15日に掛けて夜通しで行われる神聖な神事です。見学もできますが睡魔と寒さは覚悟しておいた方がいいようですよ。

|

« 諏訪大社四社まいり/①下社秋宮 | トップページ | 諏訪大社四社まいり/③上社前宮 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪大社四社まいり/②下社春宮:

« 諏訪大社四社まいり/①下社秋宮 | トップページ | 諏訪大社四社まいり/③上社前宮 »