« 真田の酒 / 30 「幸村出陣」 高垣酒造 | トップページ | 真田の酒 / 31 「怒武八」 千曲錦酒造 »

2016年11月20日 (日)

真田氏ゆかりの神社 榛名神社/沼田市

ちょっと忙しさに感けて、久々の更新となってしまいました。

今回は真田昌幸が沼田城主時代に、城下の鎮守を改築したといわれている榛名大権現(現 榛名神社)を紹介します。

Img_4092_1
改築の年が1615年。そう、大阪夏の陣の年ということで、どんな心づもりがあったのでしようか。真相が知りたくなりますよねー。

鳥居を潜り、手水舎で清めて拝殿までやってきました。

Img_4096
Img_4103
本殿の御扉の上には、六文銭が描かれています。

「御扉(みとびら)」で、神社の祭事に参加した時のことを思い出してしまいました。宮司が開扉する際は、我々は頭を下げているのでその様子を見ることができません。「ぎぎ~、きき~」というような音がして、今開いたんだなと察しがつくのですが、祭事の後で知らない人が「立て付けの悪い扉だねー」などと言っていました。しかし、その人は真実を知って恥をかいていました。御扉は開扉の際に音が出るように造られていて、音のしない御扉は失格なのです。とは言っても私も若い時は知りませんでしたがね。

さて、本題に戻りましょう。

榛名神社を参拝すると、御扉の上に六文銭が描かれているため、真田氏にも手を合わせるという具合のようです。

六文銭は、鳳凰と天女に包まれて守られています。私は、昌幸が弟の信繁を密かに祀ったと思っています。(あくまで個人の推測です。)

Img_4095_2
参拝を済ませ、本殿の彫り物を見に脇に回ります。

本殿が見えてきました。江戸時代の名工、左甚五郎の若い時の彫刻といわれています。

紅葉を待って、この絵を撮りに来たかいがありました。

Img_4105

本殿の.三方をぐるりと彫刻が施されていました。
Img_4109

榛名大権現の改築が終わって間もなく、昌幸は松本城が本拠地となってしまいました。

|

« 真田の酒 / 30 「幸村出陣」 高垣酒造 | トップページ | 真田の酒 / 31 「怒武八」 千曲錦酒造 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田氏ゆかりの神社 榛名神社/沼田市:

« 真田の酒 / 30 「幸村出陣」 高垣酒造 | トップページ | 真田の酒 / 31 「怒武八」 千曲錦酒造 »