« 真田の酒 / 29 「真田三代 梅酒」 信州銘醸 | トップページ | 真田の酒 / 30 「幸村出陣」 高垣酒造 »

2016年11月10日 (木)

真田氏ゆかりの寺 證誠山善正院「西蓮寺」/長和町

前回は、長久保本陣に嫁いだ信繁の娘「すえ」を紹介しました。

信繁の死後この長久保本陣に嫁いだ娘が信繁の子だということが徳川に分かり、石合十蔵道定の一家は窮地に立たされたということでしたが、別段のおとがめはなかったということです。

君主のために散って行った「日の本一の兵」に敬意を表した計らいであり、娘の命までも取らなかったということで、徳川も人の子だったということですね。

さて、こちらが石合家の菩提寺である長和町(旧 長門町)にある「西蓮寺」です。

Img_4000
山門の袖は、最近修理されたようですね。

Img_4007
山門を抜けると、立派な鐘楼が建っていました。

Img_4005
このお寺の創建は古く、長野善光寺のご本尊を運ぶ際にこの場所で一泊したということでその場所に祠を造ったのが始まりといわれているそうです。

Img_4003

古い墓石群の中に石合家の先祖からのお墓があります。

「すえ」は、父信繁の心配もよそに長久保宿で天寿を全うし、石合家の墓地に眠っています。

004
墓石が風化しているため、戒名が読み取れず「すえ」の墓石はわかりませんでした。

大阪夏の陣で息絶えた信繁の末期(まつご)の脳裏に娘「すえ」の面影は浮かんだのでしょうか。戦国の世の真田家に生まれてしまった「信繁」の気持ちは平和な世に暮らす我々には計り知れません。

|

« 真田の酒 / 29 「真田三代 梅酒」 信州銘醸 | トップページ | 真田の酒 / 30 「幸村出陣」 高垣酒造 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田氏ゆかりの寺 證誠山善正院「西蓮寺」/長和町:

« 真田の酒 / 29 「真田三代 梅酒」 信州銘醸 | トップページ | 真田の酒 / 30 「幸村出陣」 高垣酒造 »