« 真田氏ゆかりの寺 亀井山「東源寺」/沼田市 | トップページ | 「真田太平記館」に行ってきました。 »

2016年11月27日 (日)

真田の酒 / 32 大阪夏の陣「道明寺合戦」

戦国時代から江戸時代にかけての最大の戦(いくさ)である「大阪の陣」。

冬の陣では東西合わせて30万人、夏の陣でも22万人もの兵が一つの戦いで参戦しています。人数だけみても地獄絵図であったことは想像に難くありません。

真田丸も最終章を迎え、「浅間通信員」の「真田シリーズ」もそろそろ終わりとなります。

そこで今回は大阪府藤井寺市の酒蔵やワイナリーで販売されたお酒を紹介します。

その名も「道明寺合戦」。戦国の時代に終止符を打った真田軍と伊達軍の大戦(おおいくさ)です。

Img_4068
ラベルのデザインは、「岸和田だんじり祭」の山車(だし)に大阪の陣の彫刻が精巧にあしらわれているものを一部ピックアップしてデザインしています。今でも大阪の人々の魂に合戦の心意気が宿っていることをうかがわせます。

口あたりの丸い呑み口優しと思いきや、辛みもそしてわずかな苦みもしっかりと口に残るお酒でした。心優しくも決めるときは決める幸村の酒ですね。

真田幸村はこの戦が最期と悟り、なんと敵方伊達軍の重鎮である片倉小十郎重長に自分の娘(阿梅)をかくまってくれと申し入れます。

敵であっても「日の本一の兵」の願い。片倉は申し入れを受けてくれました。

大阪城から阿梅をかくまってくれた事を確認し、翌日幸村は討死してしまいます。

自分は討死しても子供だけは助けたい。いつの世も子供を思う気持ちは同じですね。

真田氏の歴史を知れば知るほど切なさだけが増してくるのは私だけでしょうか。

|

« 真田氏ゆかりの寺 亀井山「東源寺」/沼田市 | トップページ | 「真田太平記館」に行ってきました。 »

食物・飲物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田の酒 / 32 大阪夏の陣「道明寺合戦」:

« 真田氏ゆかりの寺 亀井山「東源寺」/沼田市 | トップページ | 「真田太平記館」に行ってきました。 »