« 真田の酒 / 26 「真田」 信州銘醸 | トップページ | 真田の酒 / 27 「真田の六文」 千曲錦酒造 »

2016年10月22日 (土)

真田氏ゆかりの寺 妙智山「歓楽院 法栄寺」/沼田市

今回は、沼田城の鬼門除けの寺として建立した「妙智山 歓楽院 法栄寺」て゛す。

この寺は沼田城の北東方向の段丘崖の縁に位置しています。寺は当初、沼田市北の月夜野に在ったのですが、真田信之の孫である真田信利が「沼田城」の鬼門除けのためにと「幕岩城」跡の現在地に移築しました。

「幕岩城」は、「沼田城」より前に沼田に在った城で、沼田氏が「小沢城」→「幕岩城」→「沼田城」と勢力を伸ばしてきた城のひとつです。

後に戦国の紆余曲折を経て「沼田城」は真田の支配下になり、1600年に真田信之が五層の天守閣を築き天下の「沼田城」となりました。

五層の天守閣は、関東圏では江戸城と沼田城しかなかったことを考えると沼田の存在が大きかったことが解りますよね。

さて、お寺の紹介に移りましょう。

寺は、カーブの先にいきなり現れ、思わず通り過ぎてしまいました。その先の道路がいきなりのキツイ下り坂。つづら折りを下まで行き、引き返してきました。流石にすごい崖の縁に在ったことが体感できて良かったかもしれません。

Img_3912_2
参道入口に二体(一対)の石像がありました。

Img_3914_2
お地蔵様はわかったのですが、こちらは? 以前は何か胸に持っていたようですが・・・。

Img_3915_3
参道両脇には沢山の石像が並んでいました。

Img_3917_2
Img_3921_2
本堂に着きました。「真田観音」と呼ばれているそうです。

Img_3925_2
こじんまりとしたお堂ですが、本尊の「千手観世音菩薩座像」は、沼田市指定の重要文化財となっています。

残念ながら年2回ほどしか御開帳していないため、通常は逗子しか見ることができません。

Img_3929_3

本尊が千手観音らしく入口には「施無畏」の扁額が掲げられていました。

Img_3926

この観音堂を建立した真田信利。さぞ立派な武士と思いきや、真田氏の中でもトラブルメーカーだったらしく、あまりの悪政に住民による江戸幕府への直訴によって藩主を降ろされています。

真田氏の歴史の中にもそんな人がいたんですね。.

|

« 真田の酒 / 26 「真田」 信州銘醸 | トップページ | 真田の酒 / 27 「真田の六文」 千曲錦酒造 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田氏ゆかりの寺 妙智山「歓楽院 法栄寺」/沼田市:

« 真田の酒 / 26 「真田」 信州銘醸 | トップページ | 真田の酒 / 27 「真田の六文」 千曲錦酒造 »