« 真田の酒 / ⑳「松代城」 松代宮坂酒造店 | トップページ | 真田の酒 / 21「真田十万石」 松代宮坂酒造店 »

2016年9月20日 (火)

真田氏ゆかりの神社 竹山随護稲荷神社/松代町

この「竹山随護稲荷神社」は、信之・信繁の兄弟である真田昌親の子供の真田信親が、江戸今井(赤坂)の屋敷内に鎮守として祀られていた神社でした。

当時、江戸城桜田門の南西に位置する外堀の外側を取り巻いていた御屋敷群の中にあり、井伊・松平・細川家が回りに連なっていました。

現在の「竹山随護稲荷神社」を訪れると、川の畔から山の中腹の神殿まで数えきれないほどの沢山の鳥居が連なって並んでいました。

Img_3498_2

Img_3500_2
稲荷の使いである狛狐が現れました。そういえば、こちらの神社はお稲荷さんだったですね。

Img_3504_3
見上げると神殿が中腹に見えてきました。

Img_3503_2
神殿を横目に見ながら鳥居を次々と潜っていきます。

Img_3505_2
神殿まで上がってきました。数えきれないほどの寄進者の御札が壁一面に掲げられていました。

Img_3510_2
こちらの神社は、江戸屋敷に在ったものを第3代 松代城主真田幸道によって松代城に遷座させましたが、ほどなく真田幸道は松代の南に恵明寺を開基すると、その境内に移しました。

その後、明治時代に神仏分離令が出されると、この「竹山随護稲荷神社」は、恵明寺から少し離れた場所に移設され、現在に至っています。

 ※ 恵明寺は次回紹介します。

|

« 真田の酒 / ⑳「松代城」 松代宮坂酒造店 | トップページ | 真田の酒 / 21「真田十万石」 松代宮坂酒造店 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田氏ゆかりの神社 竹山随護稲荷神社/松代町:

« 真田の酒 / ⑳「松代城」 松代宮坂酒造店 | トップページ | 真田の酒 / 21「真田十万石」 松代宮坂酒造店 »