« 真田の酒 / ⑪「真田三代」呑み比べ | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 望富山「陽泰寺」②/上田市上野 »

2016年8月 6日 (土)

真田氏ゆかりの寺 望富山「陽泰寺」①/上田市上野

砥石城の裾に「陽泰寺」という由緒ある古寺があります。

この寺の創建は古く、白鳳時代に「養泰院」という仏殿が造られたのが始まりだそうです。後に、鎌倉建長寺開山の「蘭渓道隆巡錫」により臨済宗となり、この時 源実朝より寄進がされています。

真田氏の祖先海野氏の更に基である滋野氏により「向富山」の山号を付けて開基され、海野氏の菩提寺として崇められています。

室町時代になってから甲州の曹洞宗の僧侶が入山し、以来曹洞宗の禅寺に変わり現在に伝承されています。

砥石城の真下のお寺ということもあり、1601年に砥石城主であった真田昌之から五貫文寄進の記録が残っているそうです。

まずは総門(三門)から。

Img_3048
総門には「砥石法窟」の扁額が掲げられています。

Img_3050
六地蔵の階段上に鐘楼門が見えてきました。

Img_3053
鐘楼門を潜り反対側から撮ってみました。

Img_3085
本堂の庭は綺麗に手入れがされていました。奥に見えるのが本堂です。

Img_3057
真田氏の家紋は、「六文銭」「結び雁金」「州浜紋」が有りますが、真田氏の基である海野氏が開基した古寺ということもあり「州浜紋」が掲げられています。

Img_3076
こちらは座禅道です。近年新しく建て直されました。

Img_3087
今回、堂内を丁寧に案内していただきました。その様子は次回紹介します。

|

« 真田の酒 / ⑪「真田三代」呑み比べ | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 望富山「陽泰寺」②/上田市上野 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田氏ゆかりの寺 望富山「陽泰寺」①/上田市上野:

« 真田の酒 / ⑪「真田三代」呑み比べ | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 望富山「陽泰寺」②/上田市上野 »