« 真田氏ゆかりの城 / 小諸城 | トップページ | 真田の酒 / ⑥上田城 × ⑦沼田城 »

2016年6月30日 (木)

真田氏ゆかりの寺 「信濃国分寺」/上田市

小諸城で本陣を構えた徳川秀忠の4万近くの大軍勢は、上田城の2000程の兵と籠る真田昌幸に勝ち目はあるまいと小諸城と上田城の中ほどに位置する「信濃国分寺」で真田昌幸に降伏するよう話し合いの場を設けました。

こちにが信濃国分寺の山門(仁王門)です。

Img_2426

Img_2428_2
こちらが本堂です。

Img_2405
Img_2381

Img_2388_3

Img_2383

側面の様子です。かなり大きな建物です。

Img_2397
しかし、この建物は1800年代の建物なので、この建物内で会談が行われたということはありません。兵火にあう以前の建物ということになると可能性はありますね。

こちらの三重の塔は1200年ころの建物なので可能性はあります。

Img_2412
上田城から参場した昌幸は、本田忠政に同行した息子の真田信之と会うこととなります。

昌幸はあっさりと「我が城に勝ち目はない故、城を明け渡す用意をしたい。暫しご猶予をいただきたい。」と申しでました。

それを聞き入れた徳川秀忠は、しばし待つことになりますが数日経過しても返事が無いことにシビレを切らし、上田城に伝令を向かわせました。

返事を持ち帰った内容は「時間をもらい、おかげで戦闘態勢を整えることができた。さー攻められるがよい。」とのとんでもない返事でした。

「真田昌幸」かなりの食わせ者。やりますねー。

天下分け目の「関ヶ原の戦い」の前哨戦である「第二次上田合戦」の始まりです。

激怒した徳川秀忠は、上田城を西に見渡せる2㎞ほど離れた「染谷(屋)台地」へと兵を進め戦いが始まりました。

結果、上田城を落とせないばかりか手間取って「関ヶ原の戦い」にも遅れて参戦できなかつたという歴史に残る大失態をおかしてしまうことになります。

真田 恐るべし。

|

« 真田氏ゆかりの城 / 小諸城 | トップページ | 真田の酒 / ⑥上田城 × ⑦沼田城 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田氏ゆかりの寺 「信濃国分寺」/上田市:

» ケノーベルからリンクのご案内(2016/07/01 08:51) [ケノーベル エージェント]
上田市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2016年7月 1日 (金) 08時55分

« 真田氏ゆかりの城 / 小諸城 | トップページ | 真田の酒 / ⑥上田城 × ⑦沼田城 »