« 真田氏ゆかりの神社 白鳥神社/松代市 | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 吾妻山「無量院」 »

2016年5月 1日 (日)

真田ゆかりの城 鎌原城址/群馬県嬬恋村

今回はあまり知られていない、ちょっと地味な所の紹介です。

「真田丸」の1話~2話で武田が滅び、徳川の追っ手を避けるために群馬県の岩櫃城に逃げるくだりがありました。その時に峠まで迎えに出た一行が居ましたが、実はその道案内に出たものこそ今回の鎌原城の人達でした。

Img_1740

「真田丸」ではちょっと違ったストーリーとなっていたようですが、真田の一行を嬬恋村大笹宿で一泊させた後、岩櫃城まで安全に送り届けたとのことです。

鎌原城主は、滋野源氏と海野氏の一族なため、真田一族とは同じ祖先でつながっています。代々沼田城に仕えた城だったため幾度となく武田と上杉とによる鎌原城争奪戦がくりひろげられた歴史があるそうです。上田と沼田の中間に位置しているこの場所を足掛かりとしたいということは解りやすい考えですね。

今は天明3年の浅間山大噴火によって城下の鎌原村が消滅してしまったため、古文書等が残っていませんが、沼田城のように河岸段丘を利用した立派な城だったようです。

この崖の上が城址です。典型的な山城ですね。

Img_1711
崖の直下が吾妻川で、現在はその隣に吾妻線と国道144号線が通っています。

Img_1723
総面積4万㎡弱の城だったようですが、どんな城だったのでしょうかね。

Img_1749
本丸の堀跡の末端は崖に通じ、強靭な防衛を備えた城であったと想像されました。

Img_1742

|

« 真田氏ゆかりの神社 白鳥神社/松代市 | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 吾妻山「無量院」 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田ゆかりの城 鎌原城址/群馬県嬬恋村:

« 真田氏ゆかりの神社 白鳥神社/松代市 | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 吾妻山「無量院」 »