« 真田氏ゆかりの地 大笹関所/群馬県嬬恋村 | トップページ | 真田の酒 / ①岩櫃城 »

2016年5月 5日 (木)

真田氏ゆかりの寺 大柏山「信綱寺」その2

4月19日に紹介した「信綱寺」の2回目です。

144号線から「信綱寺」の案内板に従って曲がり、突き当りまで行くと「信綱寺」の駐車場に到着します。

前回は、更に上段の門前まで車で上がってしまったので、今回は正規の参道からの様子を改めて紹介します。

参道入口にはツツジが綺麗に咲いていました。

Img_1833
間もなく左手に薬師堂が現れます。

Img_1799
その先に総門が現れました。黒塗りの門であったため「黒門」と呼ばれています。

Img_1803

Img_1804

「黒門」の右隣に「馬頭観音」がありました。

Img_1812
一般的に観音様の頭に馬の頭部が乗っかっていたり、文字のみで「馬頭観音」などと刻まれたものが普通ですが、馬の頭部のみが描かれているものは初めて見ました。上部には梵字が書かれています。

人馬の行き来する道端に道中の安全を祈願して祀られているものなので、当時の山道の守り神だったんでしょうね。

Img_1813

黒門の隣にも種類の違うつつじが咲いていました。

Img_1809
門を潜ると左手に「大六尊天」の祠がありました。寺の山門脇にときどき神社を祀る寺にお目に掛かりますが神仏習合や神仏分離そして廃仏毀釈など時代と共に「神」と「仏」の位置関係が微妙であった過去をどのように渡ってきたのでしょうか。

そして、曹洞宗の禅寺でお馴染みの「禁葷酒」(きんくんしゅ)の石碑がこのお寺にもありました。

Img_1814

神社から右へ目を向けると杉並木の参道が続いていました。

Img_1821
石畳の参道をぬけると橋が掛かっています。この橋を渡ると以前紹介した山門に到着します。
Img_1822

|

« 真田氏ゆかりの地 大笹関所/群馬県嬬恋村 | トップページ | 真田の酒 / ①岩櫃城 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田氏ゆかりの寺 大柏山「信綱寺」その2:

« 真田氏ゆかりの地 大笹関所/群馬県嬬恋村 | トップページ | 真田の酒 / ①岩櫃城 »