« 真田ゆかりの城 鎌原城址/群馬県嬬恋村 | トップページ | 真田氏ゆかりの地 大笹関所/群馬県嬬恋村 »

2016年5月 2日 (月)

真田氏ゆかりの寺 吾妻山「無量院」

今回の真田氏ゆかりの寺は、群馬県嬬恋村大笹地区の「無量院」というお寺です。

この嬬恋村大笹というところは、上田と沼田を結ぶ街道の中の宿場町でした。真田一族は幾度となく行き来した主要街道で、信州から江戸へと繋がる街道でもあるため、江戸道などともよばれていました。武田の落ち武者が身分を隠して宿場町で商売を始めた宿場町との説もあり、武田一族家臣の名字がゴロゴロ有るのもうなづけるところです。

その「無量院」のある通りは、新田町(しんでんまち)と呼ばれていますが、本来は「真田(しんでん)町」ではないかとの説があります。同じ字では「さなだ」と読んでしまうので新しいとしたのでは、とか。

お決まりの六地蔵が入口に居ました。以前紹介した松代市の真田山「長国寺」の入口にもあった同じ「禁葷酒」(きんくんしゅ)の石碑が有りました。

ちなみに、その「長国寺」の山名は、「さなだやま」ではなく、「しんでんさん」と読みます。前説の内容に納得しませんか。

Img_1764

一石に六体掘られた珍しい六地蔵も有りました。かなり古い物のようです。

Img_1762

古い石仏がづらり。道しるべとして街道各所に在ったものを集めたのでしょうか。

Img_1757
参道上に鐘楼が現れます。

Img_1766
その隣に観音堂が有りました。入口の上に六文銭がどっしりと掲げられています。各所有る真田ゆかりの建物の中でも異質な珍しいものです。

Img_1772_2
こちらが中の様子です。

Dsc_0117
初代僧侶が京都の東寺から観音様を持ってきたという資料が有りますが、この仏像なのか解りません。

いよいよ本堂ですが、残念ながら昭和の時代に全焼してしまい現在の建物となってしまいました。仏像や主要位牌などを運び出すのがやっとだったといいます。歴代僧侶の位牌に真田氏祈願寺である旨の文字が残されているそうです。

本来は京都東寺の流れを汲む真言宗のお寺でしたが、真田統治時代に真田昌幸の長男である信之がこの寺を訪れ、曹洞宗として寺紋を六文銭とし、領地や位を授けたということです。

いろいろな古文書が全て消失してしまったとのことで残念です。

兵の移動の際は、宿泊や休憩場所として当寺を利用していたのであろうことが想像できます。

Img_1770
建物は残っていませんが、六文銭が屋根瓦に掲げてありました。当時の本堂が見てみたかったですね。

Img_1776

|

« 真田ゆかりの城 鎌原城址/群馬県嬬恋村 | トップページ | 真田氏ゆかりの地 大笹関所/群馬県嬬恋村 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田氏ゆかりの寺 吾妻山「無量院」:

« 真田ゆかりの城 鎌原城址/群馬県嬬恋村 | トップページ | 真田氏ゆかりの地 大笹関所/群馬県嬬恋村 »