« 真田の郷の酒屋 / 地酒屋「宮島酒店」 | トップページ | 上田城下の酒蔵 / 岡崎酒造 »

2016年5月31日 (火)

真田氏ゆかりの神社 北赤井神社/上田市真田町

今回は「真田六神社めぐり」の最後、六番目の紹介です。

この神社は、真田本城の防衛において南側の死角である天箱山に築かれた天白城の守護神として城の裾に祀られた「天箱社」が起源とされています。

明治に入り、天箱社はこの赤井地区の北側に位置していたことから北赤井神社と改名されてしまいました。

この神社は見つけにくい場所に有るため、きちんと下調べをするか、地元の人に聞いた方がいいかも知れません。

道が細く、駐車スペースが無いため、遠くに駐車する必要があります。

天白城入口という看板を目安にこの細い道を突きあたりまで進み、左折すると神社の鳥居が確認できます。

Img_2142

神社の鳥居前に古い墓跡が有りますが、詳しくは不明でした。

Img_2126
鳥居の奥にやしろが確認できますが、かつての真田の時代を彷彿とさせる建物ではなく、最近造られた建物のようです。明治以降は、この集落の鎮守様といった位置づけのものになっているようです。

Img_2127
神社の裏へ回ってみると、建物の右側(山側)には立派な石積みが確認できました。

神社の向かって左下もやはりしっかりとした石積みが残されています。

その昔、真田が祀った「天箱社」はさぞ立派であったろうと想像できる唯一の痕跡です。

Img_2137
この神社は「天白城」へと繋がる道の途中にも奥社が有るのですが、その奥社も最近整備された新しいものに変わっています。

社の裏手にかわいい石の祠がありました。

Img_2135
神社でお参りを終え、もと来た道へ戻ります。人知れず祀られている神社であり、境内は草に支配されていました。

Img_2131

かつての真田の栄華をそこに想像することが出来ず、過去のものになっていく虚しさや悲しさを感ぜずにはいられませんでした。

|

« 真田の郷の酒屋 / 地酒屋「宮島酒店」 | トップページ | 上田城下の酒蔵 / 岡崎酒造 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田氏ゆかりの神社 北赤井神社/上田市真田町:

« 真田の郷の酒屋 / 地酒屋「宮島酒店」 | トップページ | 上田城下の酒蔵 / 岡崎酒造 »