« 真田氏ゆかりの寺 吾妻山「無量院」 | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 大柏山「信綱寺」その2 »

2016年5月 3日 (火)

真田氏ゆかりの地 大笹関所/群馬県嬬恋村

嬬恋村の真田ゆかりの場所が続きます。今回は関所の紹介です。

前回紹介した、真田一族が上田と沼田を行き来したという大笹街道は、江戸から善光寺へと繋がる街道で、本街道の北国街道より距離が短く宿泊数も少なく、早く経済的に善光寺まで行けたため、多くの旅人が利用するようになりました。

この地には以前から沼田藩の番所がありましたが、多くの人馬が往来するようになったため、沼田藩主の真田伊賀守によって正規の関所を造って往来の取締りをおこないました。

Img_1786

Img_1778

こちらは、案内板に記されていた当時の見取り図です。

Img_1787

関所の隣は深い沢になっており、敵が迫った際は吊り橋を切り落とし進軍を阻む仕掛けがしてあったそうです。要塞の役目もして、真田にとって重要な場所だったんですね。

写真の前方に吊り橋が掛かっていました。(新御関所橋より撮影)

Img_1781
現在は上流側に橋が掛かっています。その名も御関所橋です。

Img_1780

|

« 真田氏ゆかりの寺 吾妻山「無量院」 | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 大柏山「信綱寺」その2 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田氏ゆかりの地 大笹関所/群馬県嬬恋村:

« 真田氏ゆかりの寺 吾妻山「無量院」 | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 大柏山「信綱寺」その2 »