« 上田真田まつり/武者行列 | トップページ | 真田ゆかりの城 鎌原城址/群馬県嬬恋村 »

2016年4月30日 (土)

真田氏ゆかりの神社 白鳥神社/松代市

今回の真田氏ゆかりの神社は、松代市です。

ここは、真田信之が初代城主だった松代城が有るところですが、真田家が先祖から氏神としていた北国街道海野宿にある「白鳥神社」を城主となった松代にも分社として祀ったのが始まりとされています。

こちらは、北国街道海野宿の「白鳥神社」です。

Img_9355
ここからが松代市の「白鳥神社」です。

神社の参道に着きました。山の上の神社と聞いていたので、気合が入ります。

Img_1657

Img_1658
暫く上ると灯籠が見えてきましたが、その先はかなりの上り坂です。

Img_1659
へーへーいいながらやっと社にたどり着きました。

Img_1663
朱色が鮮やかな鳥居に到着しました。汗が止まりません。

Img_1664
惣門が閉まっているようですが・・・。行ってみましょう。

Img_1684
やはり閉まっていました。かなりキツイ参道を登らなくてはならず、あまり参拝者はいないようです。

実は鳥居の右隣に「神馬庫」があり、中に檜の大きな木馬が祀ってあるのですが、あまりにも参拝者が少なく、荒れ果てていく神社に腹を立てたこの木馬が夜な夜な里に降りて田畑を走り回って荒したという伝説が残っています。

同じような伝説の残る神社が他にもあるのですが、残念ながら写真を撮ってきませんでした。もう一度来なさいと言うことのようです。

柵の間から拝殿の撮影をしました。

Img_1675
中に入れないので、脇の山道から撮影しました。

Img_1677

拝殿の後ろに本殿が繋がっています。

Img_1676
あまり他の神社仏閣で使っていない真田のもう一つの紋である結び雁金(むすびかりがね)を多用していたので気になりました。

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373

この結び雁金は、真田家の平時の際に使う紋だということです。信之が戦闘時に使う六文銭ではなく、平穏を願ってこの結び雁金を使ったように思いました。

Img_1681
いずれにしても、真田が収めていた地域には沢山の真田ゆかりの神社仏閣が存在していることに驚きます。いかに神仏を崇めていたか、そして地域住民と繋がっていたかを想像させます。

Img_1682
暫くしたらもう一度行ってみます。

|

« 上田真田まつり/武者行列 | トップページ | 真田ゆかりの城 鎌原城址/群馬県嬬恋村 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田氏ゆかりの神社 白鳥神社/松代市:

« 上田真田まつり/武者行列 | トップページ | 真田ゆかりの城 鎌原城址/群馬県嬬恋村 »