« 上田城ってどんな城? | トップページ | 岩井親水公園/群馬県 東吾妻町 »

2016年3月31日 (木)

宮城県「松島」の今は

3月中旬に1年ぶりとなった東北宮城に二日ほど行ってきました。

東北大震災から5年。被災地の現状はどう変わったのか仙台市郊外の「松島」まで行ってみました。

Img_1004
海の方だけに視点を向けると今までと変わりのない景色に見えますが、一端陸地へと目を転じるとまだまだ当時の爪痕は色濃く残っていて工事の真っ最中でした。

海岸線は強固な新しい堤防が繋がっていました。

Img_1006
向かいの「雄島」まで渡ってみることにしました。駐車場から繋がっている道はまだ通行止めとなっているため、迂回路を通って行かなくてはなりません。

迂回路の先の港は震災を想像できない長閑な風景でホッとしました。

Img_1008
港から雄島への方向へ歩を進めると切り通しの道に繋がっていました。予想外の道にちょっとビックリ。

Img_1010
切り通しを超えると直ぐに「雄島」が見えてきました。

Img_1011

渡月橋を渡り島へ向かいます。

Img_1013
雄島はある僧侶が10年以上もの間、島から1歩も出ずに修行した島で有名ですね。その偉業を称えて贈られた千本もの松を島中に植え、これが「松島」の起源と言われています。

島内の岩に何十も掘られた洞窟の仏像が霊場の趣をかもしだしていました。とても霊験あらたかな島ですね。

ブログでどうぞと簡単に紹介できない雰囲気を感じたので関心のある方は是非訪れてみてください。

東北にはこれからも時々お邪魔させていただきます。

|

« 上田城ってどんな城? | トップページ | 岩井親水公園/群馬県 東吾妻町 »

東北関東大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮城県「松島」の今は:

« 上田城ってどんな城? | トップページ | 岩井親水公園/群馬県 東吾妻町 »