« 真田氏ゆかりの寺 天照山「大輪寺」 | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 真田山「長国寺」② »

2016年3月22日 (火)

真田氏ゆかりの寺 真田山「長国寺」①

今回の真田氏ゆかりの寺は、上田市ではなく松代市の真田山(しんでんざん)「長国寺」(ちょうこくじ)です。

「長国寺」は、松代城の東方600mほどに位置する松代城の真田初代城主であった真田信之が菩提寺として建立したお寺です。

以前紹介した上田市真田町の「真田山長谷寺」 は、真田家の菩提寺ですが、上田藩だった真田信之が松代藩移封に伴い真田山長国寺として移転したお寺だそうです。

山門の先には本堂が見えました。

Img_1140
山門の横に目をやると「禁葷酒」という石碑がドンと建っていました。

このお寺は、曹洞宗の禅寺のため、匂いのキツイ酒や葷(ネギ、ラッキョウ、ニンニク、アサツキ、ニラなど)は修行道場で集中を欠く要因となるため、そのような物を口にした人は入場お断りという意味だそうです。

Img_1138_1

山門を潜ると、本堂の手前にもう一つ山門が在ったであろう基礎石の痕跡がありました。このお寺は、明治初期に大火に見舞われたということなので、その時に消失してしまったのでしょうか。

本堂の右手の建物が、修行場の庫院だそうです。

Img_1142
本堂のてっぺんには立派なしゃちほこが乗っていました。

Img_1141

なんでも松代城が取り壊される時に天守から外し、乗せたとのことですが、本堂は一度消失しているため、その当時の物かどうか確認できませんでした。

真田のお寺だ!と言わんばかりの大きな六文銭としゃちほこが威厳を放っていました。

Img_1144_1
境内には綺麗な紅梅・白梅が咲き始め、松代の真田統治300年の伝統に正しく華を添えているように見えました。

Img_1143

松代城は、真田統治として明治維新まで続いたため、初代の真田信之から以後10代の真田家のお墓がこのお寺にあります。墓所の紹介はその②で紹介します

|

« 真田氏ゆかりの寺 天照山「大輪寺」 | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 真田山「長国寺」② »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田氏ゆかりの寺 真田山「長国寺」①:

« 真田氏ゆかりの寺 天照山「大輪寺」 | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 真田山「長国寺」② »