« 真田氏ゆかりの寺 真田山「長国寺」② | トップページ | 大谷石の採掘資料館に潜入 »

2016年3月24日 (木)

坂東三十三観音霊場/第19番 天開山 大谷寺(大谷観音)

3月の初めに久しく訪れていなかった「坂東三十三観音霊場」巡りをしてきました。場所は栃木県宇都宮市の大屋石で有名な大谷町です。

訪れたお寺は、坂東三十三観音霊場 第19番の天開山大谷寺です。

Img_0986

このお寺は、本堂の外陣が人工の建築物、内陣が自然石の山という変わった造りとなっています。

Img_1000
朱色の山門を抜けると奇岩に呑みこまれるようにお堂が建っていました。

Img_0987
伝説ではその昔、この奇岩の山には毒蛇が住んでいて人々を苦しませていたのだそうですが、弘法大師が秘法を使って蛇を退治し、その後蛇は白蛇になって弁財天にお仕えする身となったのだそうです。

後にこの周辺は信仰の山となり現在に至っているとのことですが、内陣の岩肌に掘られた10体ほどの大きな石仏は神秘的なオーラをはなっていました。日本最古の石仏とされ、国の特別重要文化財となっていて、堂内は撮影禁止となっていますので紹介できないのが残念です。

Img_0990
Img_0988_2
参拝を済ませ、御朱印帳を忘れてきてしまったことに気付きました。こちらのお寺で購入した御朱印帳に書いていただきましたが、「坂東三十三観音霊場」専用の御朱印帳が有るので、改めていただくことにことにします。もう一度出直してきなさいということですね。

この大谷寺の前には「大谷平和観音」という27mほどの巨大仏があり、第二次世界大戦の戦没者の慰霊と、前記「大谷寺」の前立本尊としての役割もしているとのことでした。

Img_0994
一帯が岩だらけの地域で、大屋石の採掘で有名ですが、その採掘現場を見学できる資料館が近くにあるので見学してきました。その様子は次回で・・・。

|

« 真田氏ゆかりの寺 真田山「長国寺」② | トップページ | 大谷石の採掘資料館に潜入 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂東三十三観音霊場/第19番 天開山 大谷寺(大谷観音):

« 真田氏ゆかりの寺 真田山「長国寺」② | トップページ | 大谷石の採掘資料館に潜入 »