« 真田街道のお土産は真田一色 | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 天照山「日輪寺」 »

2016年3月 8日 (火)

真田氏ゆかりの寺 伝叟山「月窓寺」

天気も良かったので、真田氏ゆかりの寺巡りをしてみました。まず訪れたのが、伝叟山「月窓寺」です。

参道を進むと・・・あれ?。しめ縄に紙垂。これは正しく神社。寺ではないぞ・・・。

Img_0598

ふと、右隣を見ると山門が有りました。どうもその先が寺院のようです。

これは、豊川稲荷系の陀枳尼天(ダキニテン)の神社のようです。寺の入口に守り神としてこのような形式をとる寺はたまにあるようですね。

さて、山門に歩を進めます。

Img_0603

その奥に更に山門がありました。まるで竜宮城の入口のようですね。

Img_0606
竜宮門の天井には漆喰で龍が描かれていました。正面が本堂です。

Img_0617
門をくぐって振り返って見てみました。立派です。

Img_0615

「月窓寺」の起源は上野(群馬県)の長野原城主だった「常田隆永」が上田城下に仏堂を建てたのが始まりとされていたそうですが、第一次上田合戦の折焼失してしまい、その後、真田信繁(幸村)が上田城から東へ1Kmほどの現在のこの場所に寺院として再建したのだそうです。

寺名は信繁の死後に変えられ、戒名の「月窓伝心」を基に「伝叟山月窓寺」になったと言われています。

Img_0608

信繁は和歌山県の九度山へ流される折、この寺に馬具や身の回りの品を置いていったとのことです。

 ※このお寺は、4月3日放送分の「真田丸」の最後に紹介される予定です。

 

|

« 真田街道のお土産は真田一色 | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 天照山「日輪寺」 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田氏ゆかりの寺 伝叟山「月窓寺」:

« 真田街道のお土産は真田一色 | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 天照山「日輪寺」 »