« 真田氏ゆかりの寺 松翁山「芳泉寺」 | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 真田山「長国寺」① »

2016年3月17日 (木)

真田氏ゆかりの寺 天照山「大輪寺」

今回の真田氏ゆかりの寺は、上田城の鬼門である北東方向の約1Kmに建立された「天照山・大輪寺」です。

大輪寺は、上田城築城時に城主真田昌幸の妻である山手殿(真田丸では薫)の発願で建立されたお寺で、上田城から5Kmほど鬼門の方向にある砥石城の裾にあった寺を現在の場所に移築したものです。

そんな縁があり、このお寺には山手殿のお墓が有ることでも有名です。

中門の前にはお決まりの六地蔵が鎮座していました。

Img_0709

中門を潜ると立派な山門が見えてきます。楼門形式の建物で、回廊の前に堀を造って戦(いくさ)の際は敵の侵入を妨げ、応戦出来る構えとなっています。寺の横は川になっています。

Img_0712

このように、大阪城の前に真田丸を構えて敵の侵入を阻んだ真田の戦略がこの上田城の回りに点在させた寺の構えからもうかがい知れるような城下の造りになるほどとうなずけます。

山門に登って、上からの眺めを見てみたいですね。見張りの役目もしたのでしょうね。

Img_0717
山門を潜ると広い空間の向こうに本堂が現れました。戦国時代の寺院の本堂は兵隊たちの宿泊や休息所、本堂の前は兵隊の人溜めとなったと聞いたことがあります。

Img_0713
屋根には真田の紋章である六文銭が掲げられていました。しゃちほこを乗せる造りも武士が好みそうな造りですね。
Img_0715
この寺は鬼門の方角にあると紹介しましたが、上田城自体も鬼門除けの細工がされているので紹介します。

城の鬼門である北東の隅は、直角に張り出しておらず、内側に切り欠いた造りとなっていて、このような造りは京都御所の塀にもみられ、山手殿が京都の公家の出とされていることを考えるとますます興味深々なのであります。

Img_0637

特別に大規模な城ではなかったこの上田城ですが、二度も敵の大群を寄せ付けなかった戦国の語り草となっている真田の戦略は知れば知るほど奥が深く、面白そうです。

|

« 真田氏ゆかりの寺 松翁山「芳泉寺」 | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 真田山「長国寺」① »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田氏ゆかりの寺 天照山「大輪寺」:

« 真田氏ゆかりの寺 松翁山「芳泉寺」 | トップページ | 真田氏ゆかりの寺 真田山「長国寺」① »