« 上州の真田領地 「沼田城」跡 | トップページ | JAZZの泉 24/ホレス・シルバー »

2016年2月19日 (金)

吾妻線 「長野原草津口駅」~「万座・鹿沢口駅」特急廃止

3月のダイヤ改正時に吾妻線の「長野原草津口駅」~「万座・鹿沢口駅」間の特急「草津」の運転が廃止されます。

今後、この間は普通列車での接続運転になるのだそうです。

ということは、3月25日以降はこの間の特急列車の撮影は不可能となりますね。では今のうちに撮りに行きましょうということで、吾妻線に行ってきました。

こちらは、「長野原草津口駅」を出発して最初に渡る鉄橋です。今後見ることのできなくなる「万座・鹿沢口駅」に向けて「赤川橋りょう」を渡る特急「草津」です。

Img_0516_1_2
「万座・鹿沢口駅」から帰ってきた「草津」号です。

Img_0084_1

こちらは、3月25日までの従来の終点駅「万座・鹿沢口駅」です。

Img_0038

Img_0041_2
その昔、手前の鉄橋の下流側に廃線となった「草軽電鉄」の橋りょうがかかっていて、左対岸側には、「上州三原駅」がありました。昔の光景が思い出されます。

「万座・鹿沢口駅」の南側には巨大な浅間山がそびえています。

Img_0052
「万座・鹿沢口駅」に草津号が停車しているこの2ショットの景色は撮れなくなってしまうんですね。

|

« 上州の真田領地 「沼田城」跡 | トップページ | JAZZの泉 24/ホレス・シルバー »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
もうすぐダイヤ改正、2年前に185系から651系に世代交代した特急草津も万座・鹿沢口ー長野原草津口間が区間廃止されますね。同区間は普通列車乗り継ぎ方式になるようで、ある意味で効果的ともいえますね。
お写真のように651系が万座・鹿沢口に来る光景も2年のみと短命でしたね。(樽沢トンネル界隈は半年でしたが)

区間廃止特急といえば他にも、大阪に1往復のみ直通していた大阪―長野間の「特急しなの」が今改正で廃止されます。此方は北陸新幹線絡みの影響が強めで、利用者が少なめになったのが起因しているようです。

投稿: | 2016年3月17日 (木) 22時58分

爽さん こんばんは。
日本全国で儲けの無い非効率のダイヤが沢山見直しされるようですね。
運輸施設は、便利さだけでなくサービスも提供すべきものですが、JRから民間に変わってから営利目的の強いものに変わってしまいました。
儲からない路線や、新幹線と並行している在来線はどんどんと払い下げや廃止となって本末転倒の組織へと変貌してしまいました。
ゆっくりと車窓を眺めながら旅行の出来る在来線が減っていくのは寂しいものです。
トンネルだらけでも早く目的地へ到着出来る手段も必要ですが、前者のような贅沢な旅行ができる在来線を守っていただきたいものです。
カシオペアは満席となる人気の列車ですが、新幹線との二者を選択できる手段を取られてしまいました。
同じ目的地への営業経費を一本化して効率的な収益だけの手段を選んだ悪い見本です。
現在、在来線を引き取った地方私鉄路線は、お客様目線で大変な努力をして運営されています。廃線を突き付けられた地方自治も大変苦労していますね。

私がいつもこのことについて寂しく思い、地方私鉄路線を応援している理由はここにあります。

投稿: 浅間通信員 | 2016年3月21日 (月) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻線 「長野原草津口駅」~「万座・鹿沢口駅」特急廃止:

« 上州の真田領地 「沼田城」跡 | トップページ | JAZZの泉 24/ホレス・シルバー »