« 大吟醸 越後桜 | トップページ | 今日の鉄分補給/いすみ鉄道① »

2015年12月 3日 (木)

大手酒造メーカーの「スパークリング日本酒」の実力は

最近発泡系の日本酒、いわゆる「スパークリング清酒」が増えています。

先日、美味しい千曲錦酒造の「スパークリング清酒」を紹介しましたが、巷にその手の日本酒が沢山出回っているので他も味見をしたくなってしまいました。

ということで、スーパーに置いてあったこの2本を購入してきました。(呑んだ後の空瓶で失礼

Img_8726
大手酒造メーカー宝酒造の松竹梅白壁蔵「澪(みお)」と、白鶴酒造の「淡雪(あわゆき)」の2本です。

同じ300mm の青瓶で度数も5度と同じです。「澪」のネックには「スパークリング清酒」No.1の表示があって期待をあおります。

Img_8728
さっそく試飲・・・

うッ。これは想像と違う・・・。

鮭缶・・・じゃなかった、酒感がない。これって、まさかジュースじゃないよなー。

改めて表示を見直す。清酒/アルコール度数5度。間違いなく日本酒だ。

前回紹介した千曲酒造のそれとは違うまさにソフトドリンク

美味しいんだけれども世の男どもにはソフトすぎるのでは。結果、女性受けしそうな日本酒でした。

嗜好品の世界は自分好みの物そのものなので、ここは好みで選ぶということでしょうね。

今回の2本は自分の好みでは千曲錦の「Spark Riz Vin」を超えることはできませんでした。

|

« 大吟醸 越後桜 | トップページ | 今日の鉄分補給/いすみ鉄道① »

食物・飲物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大手酒造メーカーの「スパークリング日本酒」の実力は:

« 大吟醸 越後桜 | トップページ | 今日の鉄分補給/いすみ鉄道① »