« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月23日 (水)

E2系 来春に定期運用引退

長野新幹線の顔として東京~長野間で活躍したE2系も東北新幹線開業に伴い、E7系(W7系)へと次々に置き換えられ、たまに走っているE2系の方が現在となってはレアとなってしまい、寂しい限りです。

そのE2系も、来春のダイヤ改正時に定期運行から退くこととなり、雄姿を写真に収めるのもあと僅かとなってしまいました。

Img_9177
 2013年4月撮影

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年12月21日 (月)

今年のボジョレヌーボーは評判通り

若干、話題薄となってしまったボジョレヌーボーですが、3本ほど頂いたのでご報告です。

値段は1000円~2000円くらいまでの3種類。

Img_0224
まず、中価格の「SOLEMY」から。なるほどフルーティーな味わいのなかに上品な甘味が口の中に広がります。

甘味がイヤミなく気品に満ちています。流石に今年は旨い。そー思わざるを得ない味わいでした。

その後、何日かに分けて安価品と高級?品とを呑み比べてみましたが、金額は嘘を付きませんね。それぞれが値段通りでした。

でも、安価品でも今年のそれはとても安いワインとは言えないくらい美味しく出来上がっていました。

Img_8729

ついでに購入したワゴンセールの500円ワイン。はて、そのお味は・・・

これがビックリするほど美味しかったのです。白はそれなりでしたが、赤は当たりー。

その後、スーパーにまだあったので赤を2本買ってしまいました。この時はなんと、ワゴンセールの500円割れ。大量仕入れしちゃったのかなー。

コート・デュ・ローヌ恐るべし。AOCの格下とあなどるなかれ。中には良質のものがあるんですね。

Img_8732_2
お酒の種類は数知れず、しかし、探し当てた時は得したような気持ちにさせてくれますね。

はずれくじも引いちゃうんだけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月20日 (日)

カールおじさん

スーパーで明治のカールを見かけて、そういえば江ノ電のラッピングにカールの絵があったなーなんて思い出しました。

三橋美智也さんの歌声で「♪いいもんだあな~、ふるさ~と~は~♪」なんて頭に浮かんでしまいます。

今では、河村隆一さんが歌ってるんですよね。

Img_0002
江ノ電の鎌倉高校前の道路を走っているときに車窓から息子が撮影した写真です。

子供が面白半分で撮った写真ですが、今では貴重な資料ですね。20年くらい前だと思います。

Pict0004

こちらの写真は最近私が撮ったものです。

Img_0688_1

明治の社長さんが鎌倉にお住まいということで、江ノ電にラッピングの広告を出したと聞いたことがあります。

江ノ電の絵は坊やですが、脇役のカールおじさんの方がいつの間にか主役になってしまいましたね。

Sl1_3

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

坂東三十三観音霊場/第32番 音羽山 清水寺

千葉県の「いすみ鉄道」の撮影に行った折、以前より巡礼している坂東三十三観音霊場の第32番が沿線近くにあるため、時間を裂いて参拝しようと計画していました。

そのお寺は「音羽山 清水寺」です。おや、と思われる方は京都の「音羽山 清水寺」と同じ名前だ、と感じたのではないでしょうか。

清水寺と名の付くお寺は全国に多数あり、その多くが滝がある場合が多いんだそうです。

今回の寺は、音羽山まで京都と同名ですが、本来「清水寺」ではなく「音羽山清水寺」の6文字が正式名なのだとか。

仁王門まで到着しました。奥に朱色の四天門が見えます。

Img_4100

仁王門にはお決まりの千社札が貼ってあります。新しい時代に再建された門のようです。

門をくぐったところに納経所があるため、ここで御朱印のお願いをしました。

Img_4101_1
風神・雷神が祀られている四天門の裾まで来ました。

Img_4103
門をくぐると龍の水屋が雰囲気を出しています。

Img_4105_1
本堂前までやってきました。鐘楼越しにパチリ。

Img_4106
逆の本堂からの景色です。

Img_4109
本堂で「般若心経」を唱え、今回の撮影の安全を祈願し、お寺を後にしました。

もっとじっくりと時間を掛けて境内を巡りたかったので残念でした。

千葉県はあと6寺あるのでまだまだゴールは先です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月18日 (金)

今日の鉄分補給/いすみ鉄道⑫

2日目の締めくくりは、「城見ヶ丘駅」の下り方面に見える「第3夷隅川橋りょう」と駅名のごとく大多喜城が見える場所なので夕暮れを撮ることにしていました。

ダイヤとサンセットとが予想通りかみ合わず、気動車との2ショットは撮れませんでしたが、大多喜城の真裏に陽が落ちた写真は撮ることが出来ました。

Img_0023

夕焼けが気動車の現れるまで残ってくれることを祈りつつ「第3夷隅川橋りょう」の裾で待ちました。が、こんな写真になりました。

Img_4251

だいぶ暗くなり、橋りょうが潰れてしまいました。撃沈。

橋りょうのあたりまで犬と散歩に来ていたおじいちゃんとおばあちゃんが声を掛けてくれました。遠くから来ていたことやこんな時間まで撮影していることに驚いていました。

最後に、「じゃ、頑張ってね。」なんてねぎらいの言葉まで掛けてくれて嬉しかったです。いすみ鉄道沿線の人たちは皆さん優しく親切でした。そんな沿線の人たちの鉄道が少しでも前進するように微力ながら力になりたいと感じました。

この日はこれで終了。1日中あちこち飛び回って頑張ったので撤収することにしました。

そして翌朝、どうも天気がよくありません。天気予報通りにはいかないようです。

「大原駅」に到着したら雨が落ってきてしまいました。

Img_9975
ホームに入り、下りの気動車を撮ります。

Img_9979
「大原駅」から下り方面を少し撮ってから帰路に着こうと思っていたのですが、雨により戦意消失。国吉駅までの切符を購入しましたが乗るのは諦めました。

今回は無理をせず、これで「いすみ鉄道」の撮影旅を終えることにしました。後ろ髪を引かれる思いで大原駅を後にしました。

次ははいつ訪れることが出来るでしょうか。キハ52形や28形、そして沿線の花の撮影も楽しみです。

いすみ鉄道の駆け足撮影記にお付き合いいただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

今日の鉄分補給/いすみ鉄道⑪

第四夷隅川橋りょうと大多喜城を撮っていなかったので第2五之町踏切から大多喜駅まで逆戻りしました。

昼のダイヤの空白を狙って清水寺に行ってきたので行ったり来たりの大移動です。効率が良かったのか悪かったのかわからないですね。

陽が傾いてきてしまい、城には西陽が照り付け、川は日陰の難しいバランスになってしまいました。

Img_4173_1
なんとか第四夷隅川橋りょうと大多喜城を収め、また上り方面に戻って今度は上総中川駅の手前の妙泉寺にやってきました。

門前で上りをまず1枚。

Img_4186_1

お決まりのショットではつまらないので逆方面から狙ってみます。なかなかいい感じにセットアップしたのに気動車の到着間際に車が来て踏切の前にサッと止まってしまいました。

アーッ!とおもっても仕方のないこと。勝手に撮影してるのは私の方ですからね。

これもいすみ鉄道の一コマでした。

Img_4200_3
ここの撮影で陽が落ちる時間となってしまいました。

この日の最後に、狙っていたある場所へと移動しました。さて、狙い通りの写真が撮れたでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月16日 (水)

今日の鉄分補給/いすみ鉄道⑩

大多喜駅から国吉駅までの途中を飛ばしてしまったので、再度下り方面に逆戻りしました。

今やいすみ鉄道の聖地となっている「第2五之町踏切」に到着しました。

この踏切は低い位置から青空を取りいれるアングルが中井精也さんの写真によって定番となっています。中井さんの今年のカレンダーの表紙にもなっていますね。

ということで、私もご多分に漏れず「それ」を撮ってみました。

Img_4154

なんということでしょう。この時になって空は真っ青になってくれました。「清水寺」の参拝が効いたのかな。

チョット引いて撮ってみました。

Img_4150_1

このミニチュアセットを撮ったような可愛らしさは格別ですね。

この踏切は道幅がないことと、左右が直線で見通しがいいことから第四種の踏切となっていますが、ローカル線そのものの味がでています。

今度はこのアングルで電車も取り込んで撮ってみようかな。

チョット引いて柿の木も一緒に取り込んで2本撮ってみました。

Img_0014

Img_9999

午後の時間帯は左から狙った方がよかったようですが、柿を狙うには午前中の方がいいかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

今日の鉄分補給/いすみ鉄道⑨

板東三十三観音の清水寺の参拝を終え、国吉駅に到着しました。

「風そよぐ谷の駅」ということでムーミンショップの名前「VALLEY WINDS」から来ているそうです。

Img_4123
この駅では交換列車を撮る予定にしていました。

構内にはキハ30が停車しています。腕木信号機がいいですねー。

Img_4114
方向幕が久留里線になっています。味な計らいですね。

キハ20形がやってきました。キハ30との2ショットを納めます。

Img_4135_1
ホームには既にいすみ350形が停車していて、列車交換です。

Img_4142_1
同時発車の列車交換を撮り、次の目的地であるいすみ鉄道撮影の聖地ともいえる「第2五之町踏切」に向かいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

今日の鉄分補給/いすみ鉄道⑧

大多喜町に入ってくると小江戸と言われているだけに古い建物がいたる所に点在していました。こういう建物に目が無いので撮影心をくすぐられたのですが、今回はぐっと我慢です。改めて来たときにスケジュールに入れることにしましょう。「いすみ鉄道」の沿線は予想以上に魅力が満載です。

ここの大多喜駅を撮影した後は、ダイヤの隙を突いて坂東三十三観音の一つ「第三十二番札所 音羽山 清水寺」に行くことにしました。国吉駅の近くなのでそこまで行ってからでもいいのですが、「いすみ鉄道」の撮影効率を考えてそうなりました。

大多喜駅に着きました。「いすみ鉄道」の本丸駅です。

Img_4071
この駅で「一日フリー乗車券」を購入しました。デザインが3種類あるとのことで見本を見せていただいたら、キハ52の図柄が有ったのでこれにしました。

今回は、走っている姿を撮れなかったので記念として良かったです。

Img_4082_1
その、キハ52が停車していました。

Img_4079
でもムーミン編成が、平日では撮れない時間帯に沢山撮れて良かったです。

サボも素敵ですね。将来、レアな一品となるんでしょうか。

Img_4080_1
上りの気動車との並びを撮って大多喜駅を後にしました。

Img_4091

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

今日の鉄分補給/いすみ鉄道⑦

大多喜駅と小谷松駅の間にある可愛い祠と鳥居を撮りに移動しました。

「いすみ鉄道」の撮影では有名な所ですね。

この時間になって大分空が回復してきました。こんなアングルで狙いましたが、どんどんと左から雲が押し寄せてきます。早く来い早く来いディーゼルカーとヤキモキしていると、やっと来ました。しかし、このころになるとアングルの半分にに雲が被ってしまいました。

Img_4058

青い空をいっぱいに入れたかったのに上手くいかないものですね。たびたび来なさいってことかな。

引いたところで待っていると保線の方の「徒歩巡視」を見ることが出来ました。ご苦労様です。これも「いすみ鉄道」ですね。

Img_4030
柿の木が有ったので無理やり取り込んでみました。

Img_4038

次回は、房総の小江戸といわれている城下町にある「大多喜駅」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月12日 (土)

今日の鉄分補給/いすみ鉄道⑥

久我原駅で日没となったので、翌朝改めて久我原駅の隣にある第6夷隅川橋梁から仕切り直しスタートしました。

せっかく早起きして出発したのに、この場所をうっかり通り過ぎてしまい、現場に戻ったときには丁度気動車が通り過ぎていくところでした。 スタートからつまずいてしまいました。

気を取り直して用意をしていると、地元のおじさんが声を掛けてくれました。

そのおじさん曰く「この先の踏切がいいよ。」と、教えてくれました。たぶんS字の踏切のことと思いますが、沿線の人たちは親切ですね。浅間の裾から来たことに驚いていたり、暫しおじさんと楽しく話ができました。

さーやってきました。今度は大丈夫。

Img_3986_2
残念ながら、水面に写り込むはずの場所に竹が倒れ込んでいて枝がみなもを乱していました。その奥は鏡のように綺麗なのになー。

さー、次に向かいましょう。そんなことを悔やんでいる暇はありません。なにせ、この1日で粗方の場所を撮影しなければなりませんから。

次に行った場所は小谷松駅に隣接している熊野神社です。

早朝から畑で仕事をしているおじいちゃんに、ここで撮影をさせてもらいたいこと、そして車を停めさせてもらいたいことをお願いすると快諾してくれました。本当に近隣の皆さんは親切です。ますます「いすみ鉄道」を応援したくなりました。

まず、オーソドックスな角度から。

Img_4010
そして、反対からもよさそうな角度を探します。

結局のところこのショットはフレームに自分の車が入るため、違う場所に移動しました。

Img_4026_1
次はオマケの1枚。絵的にはとっちらかった配置ですが、こんなアングルからも鳥居と電車を入れることが出来るんですね。

Img_4018
気動車をもっと手前に引きつけた下りだったらバッチリですね。これも次回のお楽しみです。

今回の撮影はロケハンの要素が強いので良しとしましょう。パワーアップした花咲く「いすみ鉄道」が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月11日 (金)

今日の鉄分補給/いすみ鉄道⑤

久我原駅に着きました。ここで日没となり、この日最後の撮影となりました。

それにしても寂しい所にある駅ですね。暗くなっちゃったんで余計に感じるのかもしれません。でも、この秘境駅っぽいところがいいんですよね。

あたりはどんどんと暗くなり、露出の心配が・・・。するとやっと上り電車がやってきました。

Img_3974

駅に到着して間もなく発車となりました。乗降客は居ませんでした。乗らなくてごめんなさいね。

でも、今回はいすみ鉄道応援撮影なので、「1日フリー乗車券」と券売機のある所では切符を買いますからね。

Img_3976
駅を離れたディーゼルカーは、闇の中に消えていきました。

Img_3977

この駅に到着した時は、まだそこそこ明るかったんですけどね。

Img_3956

下り方面にはこんなもってこいのロケーションが有りましたが、明るいうちに気動車は来そうにありませんでした。次回訪れた時のために取っておきましょう。

Img_3947_2

本日はここで打ち止め。早々にホテルに向かいました。

明日は天気になるかなー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年12月10日 (木)

今日の鉄分補給/いすみ鉄道④

カメラ2台分の内の1台の撮影ナンバーが1万枚を超えて0に戻ったため、撮影整理番号が前後してしまい、うっかり2ヶ所の橋りょうのブログアップを飛ばしてしまいました。

それが第七・第八夷隅川橋りょうです。

まず、総元駅と西畑駅の間にある第八夷隅川橋りょうからの紹介です。

Img_9998
みなもに写るディーゼルカーが素敵です。

次に第七夷隅川橋りょうです。ここはムーミンが釣竿を垂らしていることで有名ですね。

反対側の方が手摺が無いので絵的にはいいのかもしれませんが、ムーミンに敬意を表してこちらから。

Img_0009
鉄橋のセンターにムーミンが居るのですが、解らないのでアップで撮ってみました。

Img_0013_1_3

Img_0014_1_5

後ろからの方が釣竿が解りやすいですね。

いろいろと注目を浴びる企画を立てて、いすみ鉄道の頑張りが見られますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

今日の鉄分補給/いすみ鉄道③

次に、後戻りして訪れたのは「第一土田踏切」とその隣の鉄橋です。

「庄司川橋りょう」という名前のようです。

Img_3931_1
後追になってしまいましたが、運行本数に限りがあるためやむなしとしました。

踏切を絡めて撮ろうと思ったのですが、鉄橋が霞んでしまいそうなので外しました。

Img_3926
でも、鉄橋に続く鉄路が草で覆われ、山間のローカル線を彷彿とさせるいい感じの写真が撮れました。

Img_3927
電車の居ない時にしか踏切で撮影できないいい景色です。

さて、先を急ぎましょう。昼頃にいすみ鉄道に到着したので、もう薄暗くなってきました。

総元駅と久我原駅の間にある「大山祇神社」です。鳥居の間に堂々と鎮座させてみました。電柱はご愛嬌ということで・・・。

Img_3945

それにしても最後までこの日は空が冴えませんでした。撃沈。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

今日の鉄分補給/いすみ鉄道②

さー、上総中野駅から大原駅方面に撮影開始です。

めぼしい所は事前に調べておいたのですが、あとは行き当たりばったりなのでうまくいくのでしょうか。

上総中野駅から移動を始めるとさっそく沿線に柿の木を見つけました。アングルをいろいろ考えた末に、こんな絵になりました。

夏前にいすみ鉄道の仲間入りをしたキハ20形が登場しました。やっぱりいいなー元祖国鉄色は。

しかし、空がイマイチだなー。天気予報より悪いかも。

Img_3917_1
この時期の季節感は柿に頼るしかないかなー。花も咲いてないし・・・

次に、西畑駅と総元駅間の戸越踏切に向かいました。この踏切近辺からいろいろと面白い写真が撮れそうです。しかし、到着してみると、少し離れた所の鳥居が気になってしまいました。

鳥居の神社は「熱田神社」でした。しかし、日本人は信心深いですね。どの土地に行っても沢山の神社があってビックリします。戸越踏切そっちのけで撮影準備です。

三脚でセットアップしたのにどうもイマイチ。悩んだ末、結局電車到着寸前で手持ちで別のアングルとなってしまいました。

Img_3908_1
1日の運行本数が少ないので1本逃すと大損した気持ちになっちゃうので、移動と撮影準備でバタバタです。

今回の撮影は、柿・神社・寺・鉄橋などの力を借りての撮影かなと察したのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

今日の鉄分補給/いすみ鉄道①

今、いすみ鉄道の撮影のために2泊3日で千葉県に来て居ます。

さっきホテルに戻り、食事の後に撮影データの処理を行ったところです。

2日目に入り、ちょっと余裕が出てきたので本日より少しずつアップしていきます。

まず、初日に行ったところは、終点の「上総中野駅」。この駅から上り方面に順次撮影していく予定ですが、計画どおりにいったのでしょうか・・・

初日のスタート駅、「上総中野駅」で待っていると、いすみ鉄道のメインキャラクターのムーミン列車が現れ、お出迎えしてくれました。

Img_9980_1

Img_3888
早々のグッドタイミングにおもわずこれからの撮影に気合がはいりました。

列車は、300形と350形で上り方面の350形はレストラン列車の貸切のようでした。

Img_3897
Img_9984_1
暫しの停車後ムーミン列車は再び上り方面に出発していきました。

花も桜も無いこの季節。一筋縄にはいかない撮影と承知しつつ撮影記はつづくのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月 3日 (木)

大手酒造メーカーの「スパークリング日本酒」の実力は

最近発泡系の日本酒、いわゆる「スパークリング清酒」が増えています。

先日、美味しい千曲錦酒造の「スパークリング清酒」を紹介しましたが、巷にその手の日本酒が沢山出回っているので他も味見をしたくなってしまいました。

ということで、スーパーに置いてあったこの2本を購入してきました。(呑んだ後の空瓶で失礼

Img_8726
大手酒造メーカー宝酒造の松竹梅白壁蔵「澪(みお)」と、白鶴酒造の「淡雪(あわゆき)」の2本です。

同じ300mm の青瓶で度数も5度と同じです。「澪」のネックには「スパークリング清酒」No.1の表示があって期待をあおります。

Img_8728
さっそく試飲・・・

うッ。これは想像と違う・・・。

鮭缶・・・じゃなかった、酒感がない。これって、まさかジュースじゃないよなー。

改めて表示を見直す。清酒/アルコール度数5度。間違いなく日本酒だ。

前回紹介した千曲酒造のそれとは違うまさにソフトドリンク

美味しいんだけれども世の男どもにはソフトすぎるのでは。結果、女性受けしそうな日本酒でした。

嗜好品の世界は自分好みの物そのものなので、ここは好みで選ぶということでしょうね。

今回の2本は自分の好みでは千曲錦の「Spark Riz Vin」を超えることはできませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »