« 切手のひとり言/グレースケリーの切手 | トップページ | 坂東三十三観音霊場/第18番 日光山 中禅寺 »

2015年5月26日 (火)

切手のひとり言/世界一大きい切手

今日は、世界一大きな切手を紹介します。

それは、2004年にモンゴルから発行された「平和の曼荼羅」という切手です。シール式の切手でシート全体の大きさは、縦29cm×横20cmです。

切り離し式の切手ではないのに四隅にご丁寧にに目打ち(ギザギザ)が付いています。これ切手なんだよー。ということでしょうね。

Photo

この切手は曼荼羅図の縦18.5cm×横13.5cmの世界一大きな切手と、その下に標準的なサイズの8枚の切手がセットとなって1枚のシート構成となっています。

裏に英語と日本語そして不明な外国語の説明文が印刷されており、それによると2500年前にインドで誕生したお釈迦様が、苦行の末35歳で悟りを開き、80歳の生涯を閉じるまで説法を続け、涅槃に入って仏界に至るまでの図が仏典にのっとって描かれているとのことでした。

しかし、この切手は実用にはなりそうもありませんよね。話題作りの企画ものといったところでしょうか。私の記憶では日本で印刷製作されたものだということです。裏面の片隅に印刷会社名でも入っていれば解るんですけどね。

世界一大きな切手の額面は5,000トゥグリク、日本円で300円くらいのようです。小さいほうの切手の額面は100トゥグリク(6円)×8枚で48円。トータルで348円ということになります。この金額が高いのか安いのか、切手としての値打ちか、話題の物としての値打ちなのか判断の難しい所ですね。

結局の所、とりあえず世界一の大きな切手が手元にあるという満足感だけだな。これは。

|

« 切手のひとり言/グレースケリーの切手 | トップページ | 坂東三十三観音霊場/第18番 日光山 中禅寺 »

切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 切手のひとり言/世界一大きい切手:

« 切手のひとり言/グレースケリーの切手 | トップページ | 坂東三十三観音霊場/第18番 日光山 中禅寺 »