« 今日の鉄分補給/八高線 明覚駅 | トップページ | 今日の鉄分補給/吾妻線 小野上温泉の桜 »

2015年4月13日 (月)

今日の鉄分補給/伊香保電気軌道線 デハ27

以前よりの念願だった群馬県の鉄道の元祖である「伊香保電気軌道線」の車両に会いに行ってきました。

この路線は、明治時代に渋川を分岐駅として①高崎市~渋川市、②前橋市~渋川市、③渋川市~伊香保温泉の3路線の③の渋川市から伊香保温泉を繋ぐ路線です。他にも沼田や吾妻方面にも路線が伸びていて、全国的にも規模や距離がこれほど大きなものは無かったそうです。

当初、それぞれの路線は個々に馬車鉄道として運用していましたが、明治後期に全国見本市を開催するにあたり3路線を渋川で繋ぎ、電化して電気鉄道としたのだそうです。

オリンピック開催に向けて新幹線の整備をする感覚と一緒ですね。

          渋川市内を走行する当時のデハ27(施設の資料写真より)

Img_0053
          伊香保線道中の様子

Img_0048
伊香保温泉の中心にその電車「デハ27」は展示されていました。

Img_0042
当初、渋川市のお医者さんの庭に保存されていたのですが、近年の鉄道ブームに乗り、市で修復し展示することとなりました。お医者さんの庭に有った時は当時の塗装のままの姿で保存されており、その写真を撮らせていただこうと計画していたのですが、この展示企画のほうが先になってしまい、外観だけみると新規に造ったようなピカピカに変身していてちょっとガッカリしました。時遅し!

当初、台車は無くなっていたのですが、愛知県豊橋市に同型の電車の台車が保存されていて一つの形となって復元されました。

Img_0043
Img_0044
外はピカピカでしたが、中を覗くと正しく当時のままで、運転席には風格のあるマスコンが胸を張っていました。
Img_0046
末期は東武鉄道の経営となりましたが、バス路線の整備やモータリゼーションの波に飲み込まれ1956年(昭和31年)にその役目を終えました。

時代が目まぐるしく近代化していく中、過去の遺産を残していくことは素晴らしいことですね。

|

« 今日の鉄分補給/八高線 明覚駅 | トップページ | 今日の鉄分補給/吾妻線 小野上温泉の桜 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の鉄分補給/伊香保電気軌道線 デハ27:

« 今日の鉄分補給/八高線 明覚駅 | トップページ | 今日の鉄分補給/吾妻線 小野上温泉の桜 »