« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

今日の鉄分補給/わたらせ渓谷鐵道 「第一松木川橋梁」

今回は足尾駅と間藤駅の間にある「第一松木川橋梁」です。

橋脚のあまりの美しさに暫し見とれてしまいました。通常橋脚は石や煉瓦、現在ではコンクリート製が主流ですが、この橋梁は石積みの橋柱の上にトレッスル形式の鋼鉄製の橋脚が石積みと二段重ねで支えています。時代を感じるフォルムで、なるほど国の登録有形文化財に登録されているというのもわかる気がします。

     後方の上越の山々はまだ雪をたたえていました。

Img_9804_1_2

調べてみたら先代の国鉄時代の足尾線工事の時に日本で最初の私鉄だった日本鉄道の(現)東北本線の支線などから一部分を移設したようです。日本鉄道が国鉄に移管される次期と足尾線の工事時期がリンクするのでやはりそのようです。

橋脚の製造メーカーは、イギリスの「パテント・シャフト・アンドアクスルトリー社」とのことで、東海道本線にも何カ所か採用され、揖斐川橋梁や山形鉄道フラワー長井線の最上川橋梁に東海道本線から移設されたものなどいまでも何カ所か現存しているもようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

今日の鉄分補給/わたらせ渓谷鐵道 神土駅の名物駅長

今日、「人生の楽園」が1時間の拡大スペシャル番組として放送され、わたらせ渓谷鐵道が紹介されました。

Img_9523_1

今回の鉄分補給は、この放送で紹介された神戸駅の「ふるさと駅長」として活躍している金子昇さんです。

わ鐵の撮影を始めた頃この駅で出会い、金子さんにはいろいろと親切に教えていただきました。

Img_4197
ブログアップは「人生の楽園」の放送終了後という約束でしたのでこのタイミングでの紹介となりました。

お人柄がわかるいい笑顔です。

Img_4158_2
金子さんは、この駅で観光案内・特産物の販売・清掃などの仕事をボランティア駅長、通称「ふるさと駅長」として5年間勤めていらっしゃいます。

電車が到着するたびに、手作りの加工品などを販売していて、私も里芋の味噌煮を購入しましたがお世辞抜きの美味しさでした。

Img_4173

Img_4155
Img_4156
これから神戸駅も桜が満開になりますね。沢山の方が訪れるとおもいますが、お元気でご活躍ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

今日の鉄分補給/わたらせ渓谷鐵道 「きらんそう」

水沼駅近くの沿線に「きらんそう」が群生していました。

わたらせ渓谷鐵道にも春の訪れが感じられる季節となりました。

Img_9680_2

「きらんそう」は、別名「地獄の釜のふた」という凄い名前がありますが、これはこの野草が薬草であることに由来しているようです。色々な病気に効くことから病気にふたをしてくれるという意味のようです。単なる野草も調べるとおもしろいですね。

Img_9660

水沼駅に隣接している公園では早咲きの桜が咲き始めていましたが、線路沿いの桜はまだ先のようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

今日の鉄分補給/わたらせ渓谷鐵道 「第一渡良瀬川橋梁」

吾妻線の八ッ場ダム建設による一部廃線切替区間があったのと同様に、このわたらせ渓谷鐵道でも草木ダム建設によるルート変更の歴史がありました。

この「(新)第一渡良瀬川橋梁」は、新たに掛けられた200m近い長さがある大きな橋梁で、ルート変更の上流側の分岐点に位置しています。存在感がある橋梁なので、いろいろな角度から撮りがいがありそうです。

橋梁の裾には沢入水力発電所があり、その放流堰を今回は入れて撮影してみました。

Img_9587
新緑の山々、桜に紅葉。わたらせ渓谷鐵道の今後の撮影を考えるとわくわくしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

今日の鉄分補給/わたらせ渓谷鐵道 「わ89-302号」引退

今回わたらせ渓谷鐵道の撮影に出掛けたl理由は、渓谷の雨の景色を絡めて撮影したかったのと、今月29日で「わ89-302号」が引退するため現役の姿を撮っておこうと思ったからです。

お目当ての駅に選んだのは沢入駅。駅舎は新しいのですが、上り下りともに歴史を刻んだ古い待合室があります。

上り方面にほぼ予想通りの景色を雨空が造ってくれました。

Img_9622_1_2

沢入駅にて前照灯が消灯され暫し休息です。

Img_9633
出発の時間となり前照灯が灯り、エンジンの回転数が上がりました。

Img_9640_1
雨の中、あかがね色の「わ89-302わたらせ号」は、足尾方面に走り去っていきました。長年のお勤めご苦労様でした。

後ろの木製の電柱も時代を感じるいい味出してます。

Img_9644_1

※3月28日(土)にテレビ朝日「人生の楽園」にてわたらせ渓谷鐵道が登場しますので是非ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

今日の鉄分補給/わたらせ渓谷鐵道 雨の渓谷

休みの日が雨になったのでわたらせ渓谷鐵道へ撮影に出掛けました。

現地までの道のりは結構あるのですが、撮りがいのある場所が沢山あるので苦になりません。

今日は上神梅駅~水沼駅間での撮影です。渓谷沿いにくねくねとカーブが続いていい感じです。

Img_3841

後ろ姿も1枚。

Img_9559_1

雨の霞んだ景色や、逆に木々の色乗りが鮮やかになるのもいいですね。でもなかなか予想通りにいきませんがね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

今日の鉄分補給/一足早い北陸の味

去るものあれば生まれるものあり。トワイライトエキスプレスや北斗星などの引退の話題で沸いたのも束の間、今日は北陸新幹線の開通となりましたね。

Cimg0034_2

13日、会社帰りにスーパーに寄ると、北陸新幹線開通に伴い大好きな「富山のます寿司」が並べられていました。それもなんとE7系(W7)のパッケージに入っているではありませんか。

Img_9529

最近、北陸・北陸というフレーズを聞く度「あー。富山のます寿司が食べたいなー。」なんて思っていて、お取り寄せを考えていたくらいなので早々に購入してしまいました。

いつも食べている「源」のます寿司ではなかったのですが、いろいろな会社が有るようですね。

Img_9533

おや、白飯。と思いきやますは下に敷いてありました。会社によって詰め方が違うんですね。

Img_9534

Img_9538

開通を前日に控え、一足先に北陸の味覚に舌鼓を打ちました。今度は是非現地で食べ比べしてみたいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

今日の鉄分補給/しなの鉄道 神川

天気が良くなったので、しなの鉄道沿いを散歩してみました。

こちらは千曲川に流れ込む神川(かんがわ)に掛かるしなの鉄道の橋梁です。

その昔は上田丸子電鉄丸子線も並行して走っていたのですが、単線だった国鉄信越線(現しなの鉄道)の複線計画により並行して走っていた線路敷は買い上げられ廃線となりました。

その上田丸子電鉄丸子線の神川駅もこの近くに有ったようです。

Img_4282_1_2
いろいろな廃線跡を巡る計画も山積みなのですが、上田丸子電鉄丸子線の痕跡も確かめたくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

今日の鉄分補給/わたらせ渓谷鐵道 「トロッコわっしー号」

今日の鉄分補給は、わたらせ渓谷鐵道の「トロッコわっしー号」です。

夏季は2両編成で1両は窓無しの車両で運転されています。

Img_4269
Img_4105_1
Img_4261_1
こちらの一番左がわ鉄のわっしー君です。微妙です。

ちなみに、真ん中はゆるきゃらチャンピオンのぐんまちゃんです。

Img_3560_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

今日の鉄分補給/わたらせ渓谷鐵道 レストラン清流

今日の鉄分補給は、前回に続き神戸駅です。わたらせ渓谷鐵道には味のある駅舎が沢山あるので嬉しいです。

Img_4196

この駅のホームには、かつて東武鉄道日光線で活躍した1720系特急「けごん」の中間車を利用したレストラン「清流」があります。

この写真には写っていませんが、無電化路線にもかかわらず、電車のパンタグラフが上げられています。不思議な空気感があって面白かったです。

Img_4159

国鉄色を彷彿とさせる2両が入口の建物を挟んでかつての島式ホームを利用して鎮座しています。

この駅はかつては島式のホームでしたが、このレストランがあるためホームは実質相対式として運用されています。

車窓からは神戸駅を発着する気動車を食事をしながら楽しむことが出来ます。

Img_4133
Img_4146
今回、このレストラン「清流」で食事をしました。車内はこんな感じです。

Img_4163
さー注文の「舞茸ごはん定食」が届きました。

Img_4166
すごいボリュームです。いつもお昼はこんなに食べないのでビックリしました。

でも幸いにも車内が空いていたのでゆっくりと食事をとることができました。ごちそうさまでした。

次回は、やまと豚弁当でも食べてみようかな。

かつて、蒸気機関車C12の重連列車でこの駅に降り立ってから何年経つだろう。残念ながら当時は蒸気機関車ばかりに目が行っていてこの駅の記憶はありません。

駅のあちこちを見て回ってみましたが、記憶をたどることはできませんでした。駅舎や風景の写真もやっぱり貴重ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

今日の鉄分補給/わたらせ渓谷鐵道 神戸駅?神土駅?

今日の空は雨模様でしたが、雨は雨なりに雰囲気のある写真が撮れるので「わたらせ渓谷鐵道」へ撮影に出掛けました。

今日の撮影場所は小中駅~神戸駅間と決めていたので寄り道することなく直行しました。段々と近道を覚えてきたので効率よく「わたらせ渓谷鐵道」へ到着することが出来るようになりました。

神戸(ごうど)駅は、本来は神駅だったのですが、国鉄から「わたらせ渓谷鐵道」に変わった時に本来の地名の神戸にかわりました。

当時国鉄の駅名に神戸駅が2つでは混乱するとしてこの足尾線は、神駅に替えられた経緯があります。

こちらが現在の駅標ですが、国鉄時代の物をそのまま使っているので「戸」の文字だけ修正されています。時代背景が見えるとともにホウロウ看板がレトロな雰囲気をかもしだしています。いつまでも大事に使ってもらいたいですね。

Img_4194
こちらは、国鉄足尾線のSL廃止記念列車に着けられたサボです。「戸」でなく「土」になっています。

Photo
1241
そして今日撮影した神戸駅を後にする「わ89-300形」わたらせ号です。

Img_4189_1

小中駅から神戸駅へと渓谷を走る「わ89-300形」わたらせ号です。

Img_9473_1

帰るころには陽も差す時もあるほど天気が回復していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

BICC Rally of Tsumagoi 2015 幻のフォトコン

BICC Rally of Tsumagoi 2015のフォトコンテストに応募したはずのメールがなんと事務局に届いていないのを今日になって気付きました。

写真の容量が大きかったのかと容量を相当下げたのですが何度送信しても不可。

ということで残念ですが今年の応募は諦めました。

その応募しようとした作品が以下の3点です。

 ①新井選手の大ドリフト。海外仕様の左ハンドルの新井さんの表情もとらえられました。 

Bicc2015_no1

 ②ギャラリーステージのコースを目一杯使っての激走

Bicc2015_no2

 ③スノーラリー独特の雪煙に逃げ惑うギャラリー達

Bicc2015_no3
今回は、ナイトラリー独特の闇と光を意識して作品作りをしました。

来年は参加するかどうか思案中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »