« 三陸鉄道 南北リアス線の旅② | トップページ | 三陸鉄道 南北リアス線の旅④ »

2014年8月 8日 (金)

三陸鉄道 南北リアス線の旅③

今回は、三陸鉄道の南リアス線の三陸駅から釜石駅までです。

まずは三陸駅、そして吉浜駅ですが、この2つの駅をパスしてしまいました。後から気付いた完全なミスですが、次回訪れる時の楽しみとしておくことにしました。

そして唐丹駅に到着です。駅に到着したのが12時30分、沢山のダンプカーが駅前の駐車場で昼休みの休憩を取っていました。まだまだこの復興の光景は続くんでしょうね。

Img_9724

ホームに上がって海岸方面に目をやると、津波で破壊された水門の手すりがグニャリと陸地側に折れ曲がっていました。津波の破壊力を思い知らされる光景でした。

Img_9729

唐丹駅で手を合わせ、次の平田駅に向かいました。

Img_9732

ここは、「いさりび大観音」の見える駅です。海岸側に目をやると釜石方面側の高台に純白の「いさりび大観音」が見えました。

Img_9734
平田湾に面した建物が皆新しいのですが、その後建てられたのでしょうか。どの駅の線路の堤も真新しいコンクリート製になっている姿を見る度に津波の凄まじさを痛感しました。

この日の締めくくり、南リアス線を北上して目的最終駅の釜石駅に到着しました。

Img_9739

Img_9737

駅舎に入るとたまたま誰も居なかったので、委託されて仕事をされているというお姉さんと暫く色々なお話をさせていただきました。

観光協会へ委託されて最近こちらで仕事をされているとのことでした。まだ再会されていない鉄路のこと。これからどうなるのか心配だということ。などなど。

被災された地域の話になると笑顔がちょっと曇るのに気づき、それ以上のお話は聞けませんでした。

大変気さくにお話にお付き合いいただき、今回の三鉄の旅に良い思いでをつくってくれました。

明日は北リアス線に行くという話をすると暑いので水分補給をしっかり取って頑張ってくださいね。と逆に激励されてしまいました。ありがとうございました。

こんなに水分補給したので、無事に三鉄の撮影旅行ができました。自分が出したゴミは全て持ち帰ってきました。わずかな負担も掛けられないという微々たる思いです。

Img_9916

お姉さんの写真も撮らせていただきましたが、前の会社の人たちにもここに居ることを言っていないのでブログ紹介はNGとのことでした。美人の素敵なお姉さんだったので紹介したかったのになー。

地下道の釜石から先に行くホームに続く改札は閉鎖されそこにも寂しい風景がありました。

Img_9752
ホームに出て、南リアス線の車両にお別れしました。

Img_9742
駅標には、釜石から先の駅名は有りませんでした。

Img_9744

|

« 三陸鉄道 南北リアス線の旅② | トップページ | 三陸鉄道 南北リアス線の旅④ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三陸鉄道 南北リアス線の旅③:

« 三陸鉄道 南北リアス線の旅② | トップページ | 三陸鉄道 南北リアス線の旅④ »