« 吾妻線の記録/216  勝沼橋梁と107系 | トップページ | 全日本ラリー選手権第5戦 「モントレー群馬」その② »

2014年7月27日 (日)

波乱の全日本ラリー選手権第5戦 「モントレー群馬」その①

忙しさもやっと一区切り付いて、26日・27日と群馬県の嬬恋村で開催された全日本ラリー選手権第5戦「モントレー群馬」の観戦に出掛けてきました。

26日の11区間のSSを終了し、上位有力選手が数秒の中でひしめく面白い展開となり、2日目に注目が集まりましたが、突然のゲリラ豪雨により上位陣が次々とコースアウト等によりリタイアとなってしまいました。

     -----------------------------------------------------

26日、先ずはパノラマラインの高速コースへ。

広い車線をフルに使う高速コース、名物のこの直線、ベテランドライバーをしても胃が痛くなるとか。まるでサーキットコースです。

Img_1834

コースを熟知した地元黒岩選手は、イノベーションクラスに関わらず無駄のないコース取りでインを豪快に攻めていました。

Img_1841jpg2_1
その後、ギャラリーステージに設定されている大前~須坂線へ。

このSSでは、上位陣が果敢に攻めていました。

カーNo1、双田原選手
Img_1903_1_2
インを攻めるカーNo2勝田選手

Img_1918_1

ここ何戦か追い上げを見せているカーNo3新井選手

Img_1925_1

ちょっとスピード感を出すため、1/50のシャッタースピードで数枚撮ってみました。

Img_2044_1
はたしてこの後は・・・つづく。

|

« 吾妻線の記録/216  勝沼橋梁と107系 | トップページ | 全日本ラリー選手権第5戦 「モントレー群馬」その② »

自動車・モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 波乱の全日本ラリー選手権第5戦 「モントレー群馬」その①:

« 吾妻線の記録/216  勝沼橋梁と107系 | トップページ | 全日本ラリー選手権第5戦 「モントレー群馬」その② »