« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月29日 (火)

全日本ラリー選手権第5戦 「モントレー群馬」その③

全日本ラリー選手権第5戦の2日目は、数少ないグラベルSSを浅間サーキットで観戦しました。

このサーキットは、モータースポーツの発祥の地と言われていて、放送解説の篠塚建次郎さんが車の開発のテストコースとしてその昔、随分走り回ったことを熱く語っていました。

そうこうしているうちに競技者が入ってきました。オッと、新井選手がまさかのスピン。

この日の追い上げはいかばかりかと思っていましたが痛いミスです。

Img_9356_1

Img_9460_1

次々とゴールそしてスタートと二本のSSをこなしていくなか、次のSSでは突如豪雨との情報が入ってきました。

まだ、この浅間サーキットは晴れていました。そこに近づいた雨雲など誰も気にせずコース上へと熱い視線が注がれています。

Img_9498
そして、2本のSSが終了し、移動のために車を走り出した途端、その豪雨がこちらにもやってきました。

Img_9568_2
その後、上位選手が豪雨の餌食となったと速報で入ってきました。

こうして、モントレー2014はグラベルから高速ターマックとそして豪雨のオマケまで付いて幕を引きました。

非情にギャラリーに配慮した楽しめるラリーを久々に堪能した2日間でした。

関係者の方々に感謝します。きっと来年もエキサイティングなラリーとなることでしょう。

また来年、嬬恋で会いましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

全日本ラリー選手権第5戦 「モントレー群馬」その②

大前~須坂線のSSからラリーパークイベント会場に設定されたパルコール嬬恋リゾートのSSに移動しました。

全日本戦のSSの合間に有名選手のデモランが見られるというファンにはたまらない企画もあり、会場は大盛り上がりでした。

久々にダートラキング谷田川選手の走りを見ました。いつもグラベルの走りばかりなので、ターマックの走りを見たのは初めてかもしれません。

豪快な大ドリフトの走りは改造部門のあるモンスター車ならではですね。

Img_2162

Img_2303

イベント会場は各メーカーの出展や、懐かしいラリー車などの展示もあり、嬉しい限り。

Img_2309Img_2310_3


Img_2311_2

Img_2318

Img_2332

↑いよいよ全日本の双田原選手のアドバンカラーの車両がイベント会場の特設コースに入ってきました。

身近に競技車両と接することが出来るのもイベント会場ならでは。↓

Img_2348_5

―--- 27日の浅間サーキットへとつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

波乱の全日本ラリー選手権第5戦 「モントレー群馬」その①

忙しさもやっと一区切り付いて、26日・27日と群馬県の嬬恋村で開催された全日本ラリー選手権第5戦「モントレー群馬」の観戦に出掛けてきました。

26日の11区間のSSを終了し、上位有力選手が数秒の中でひしめく面白い展開となり、2日目に注目が集まりましたが、突然のゲリラ豪雨により上位陣が次々とコースアウト等によりリタイアとなってしまいました。

     -----------------------------------------------------

26日、先ずはパノラマラインの高速コースへ。

広い車線をフルに使う高速コース、名物のこの直線、ベテランドライバーをしても胃が痛くなるとか。まるでサーキットコースです。

Img_1834

コースを熟知した地元黒岩選手は、イノベーションクラスに関わらず無駄のないコース取りでインを豪快に攻めていました。

Img_1841jpg2_1
その後、ギャラリーステージに設定されている大前~須坂線へ。

このSSでは、上位陣が果敢に攻めていました。

カーNo1、双田原選手
Img_1903_1_2
インを攻めるカーNo2勝田選手

Img_1918_1

ここ何戦か追い上げを見せているカーNo3新井選手

Img_1925_1

ちょっとスピード感を出すため、1/50のシャッタースピードで数枚撮ってみました。

Img_2044_1
はたしてこの後は・・・つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »