« 吾妻線の記録/213  不動大橋と水車橋梁 | トップページ | 吾妻線の記録/215  朝日に燃ゆ »

2014年6月11日 (水)

吾妻線の記録/214  川原湯温泉駅の1コマ

川原湯温泉駅で乗降風景を撮るのは今や大変となりました。長年ジワジワと住民が移動し、ほとんどの民家は無くなってしまったからです。常連客は、代替地から電車に乗るために車で送迎してもらっている数名の学生さんくらいでしょうかね。

しかし、たぶん夏休みのころから切り替えられるまでの間は沢山の鉄道ファンが乗降してくれるんでしょうね。理由はどうあれこれはこれで嬉しいことです。これは、姿を消す旧川原湯温泉駅の最後の晴れ姿ですね。

この駅は、簡易委託駅のために正式なJRの職員は居ませんが、民間の契約職員が日中に限りいらっしゃいます。

出発する電車の車掌さんがこの職員さんに皆さん挨拶をしていきました。

Img_1395_1s

Img_1417f_1s

今でも変わらず毎日繰り返されている1コマです。

|

« 吾妻線の記録/213  不動大橋と水車橋梁 | トップページ | 吾妻線の記録/215  朝日に燃ゆ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

寂しいって言えば、何となく寂しいですね

投稿: 山の風 | 2014年6月11日 (水) 18時52分

山の風さん こんばんは。
この駅は新線への切替が終わると解体されて跡形もなく消滅してしまいます。
駅としての機能はあと3か月半となってしまいました。
木造の味のある駅舎なので残念ですね。

投稿: 浅間通信員 | 2014年6月11日 (水) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻線の記録/214  川原湯温泉駅の1コマ:

« 吾妻線の記録/213  不動大橋と水車橋梁 | トップページ | 吾妻線の記録/215  朝日に燃ゆ »