« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

吾妻線の記録/113 渓谷の彩

この連休からが紅葉の見ごろかもしれません。

まだ紅葉浅いころの写真ですが、撮り溜めをアップします。
Vcm_s_kf_repr_588x882
Vcm_s_kf_repr_588x882_2


Vcm_s_kf_repr_588x882_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月30日 (水)

吾妻線の記録/112 紅葉いよいよ絶好調へ

前回の場所で第三吾妻川橋梁を目一杯ズームして撮影してみました。

今度は115系を捉えることができました。紅葉はまだまだ色を上げていきそうです。

Vcm_s_kf_repr_882x588

まだ、こんなに緑の濃い場所もあります。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2
          吾妻線の紅葉撮影はこれからまだまだ楽しめそうです。

Vcm_s_kf_repr_588x882_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

吾妻線の記録/111 未来への贈り物 

その昔、この橋の下ってこんなに綺麗だったんだよ。って言うのだろうか・・・

Vcm_s_kf_repr_882x588_3
木々の枝の間からひらけた場所をやっと探すと、そこには素晴らしい風景が広がっていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_8
第三吾妻川橋梁が見えても電車の来る気配がまるで分からない遥か彼方。ダイヤ時間を参考に、5分間ほどシャッターに指を掛けてファインダーを覗いていたでしょうか。

なんと長く感じたことか。来た!。なんとか橋梁上で185系を捉えることができました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

吾妻線の記録/110 川原湯温泉駅の1番電車 その2

暗いこの時間帯の写真の仕上がりの可能性と、消滅する川原湯温泉駅をいろいろな角度から撮影するため、休みの日にちょっと頑張って前回に続いて1番電車を撮影してみました。

前回は駅構内からですが、今回は下り方面で撮影です。

定刻通り1番電車が闇を裂いてやってきました。

Vcm_s_kf_repr_588x882

朝もやにライトが帯をつくります。

Vcm_s_kf_repr_588x882_2

闇に光の帯を残しながら通過していきました。

Vcm_s_kf_repr_882x588

川原湯温泉駅に到着しました。この日は若干名の乗客を乗せて出発していきました。

前方の山裾はまだ朝もやが立ち込めています。
 

Vcm_s_kf_repr_588x882_3
この駅も、駅舎も、線路も消滅してしまう。残念ながらこの現実はどうにもならないようだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

今日の鉄分補給/時にはハプニングも

このショットの後、オートフォーカスがライトに幻惑されて彷徨い、結局使えるのはこの1ショットだけとなってしまいました。

          夕暮れの吾妻線下り107系

Vcm_s_kf_repr_605x860
長い間にはそんなこともありますよね。思い通りにいかないところが面白いのかもね。

でも、こんなおまけのショットを撮らせてくれる時もあったりして・・・。

ある日、撮影している傍らでクワガタが2匹樹液を吸いに登って来ました。おー、目の前でこんなこともあるんだ、とカメラを構えると、残念ながらもう一匹はこのクワガタに追い返されてフェードアウトしてしまいました。

Vcm_s_kf_repr_882x588
そういえば、先日のドクターヘリもそうだったなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

吾妻線の記録/109 旧長野原草津口駅舎消滅

長野原草津口駅は、8月1日から新しい駅舎が供用開始されていますが、今まで活躍してきた旧駅舎は解体作業が既に始まっています。

11月中にはその姿が完全に無くなってしまうのだとか。駅東側で、それらしき動きが始まっていました。建物の周りには解体のための足場が設置されつつありました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2
今回は、今まで活躍してきた旧長野原草津口駅を撮影した写真を掘り出してみました。

          ↓駅南側の正面です。     2012年5月撮影

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

          ↓駅西側、撮影立ち位置の場所には現在新駅舎が建っています。

           2012年7月撮影
          

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

          ↓早朝の旧長野原草津口駅     2013年6月撮影

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

          ↓駅東側をホームから     2013年7月撮影
          

Vcm_s_kf_repr_882x588_6
          ↓同じく東側を表から     2013年7月撮影

Vcm_s_kf_repr_588x882_2

昭和20年に長野原線(現吾妻線)の開業とともに誕生した長野原駅(現長野原草津口駅)ですが、計算したら68年も経過していたんですね。

下は、2011年3月の撮影の駅北側です。まだ1番線も閉鎖されず、線路が下り方面に繋がって、完全な島式ホームでした。

現在は跨線橋も撤去され、1番線の下り方面を閉鎖してバリアフリーの新通路が新駅舎へと繋がっています。

Vcm_s_kf_repr_832x624
ローカル鉄道が衰退する昨今、八ッ場ダム計画に伴い目まぐるしく姿を変えて行く吾妻線ですが、発展的なローカル線のモデルとなってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

吾妻線の記録/108 川原湯温泉駅の1番電車

今回の吾妻線切替に伴い、唯一消滅してしまう川原湯温泉駅。場所を変えて新しい川原湯温泉駅は出来るものの、現在の木造駅舎は切替後に解体されてしまう。

そんな川原湯温泉駅を惜しんで1日の始まりの様子を覗いてみました。

  5時28分発の上り電車が藍色の闇を裂いてやってきました。

Vcm_s_kf_repr_882x588
移転して住民不在となった地域だけに、この電車に乗降する人は居ませんでした。シンと静まり返った駅構内に115系の鼓動だけが響いていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588

定刻の発車。1番電車は静かに川原湯温泉駅を発って藍色の闇に吸い込まれていきました。

Vcm_s_kf_repr_611x848

この駅と駅舎がずっと現役のままなら感じなかったであろう言い知れぬ寂しさがそこにはありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

吾妻線の記録/107 吾妻線の107系 

吾妻線の記録が107回目なので、107系の特集です。

115系に比べるとあまり人気のない地味な存在なれど吾妻線の大切な戦力です。最近では日光線で廃止となりましたね。

昭和から平成に変わる数年間に、初めてJRの自社工場で製造されました。

不動大橋下の柿沼橋梁を通過する107系です。2両が基本編成のため、閑散時間帯の運用となっていますが、逆に2×2で4両編成として繁忙時の運用も行われています。

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

川原湯温泉駅で115系と交換です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_6

消滅する川原湯温泉駅の駅舎とツーショットです。

Vcm_s_kf_repr_882x588_7
長野原草津口駅です。旧駅舎は11月中には姿を消してしまうようです。
Vcm_s_kf_repr_882x588_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

吾妻線の記録/106 柿のある風景 

今年も柿の木を取り込んで撮影してみました。

主(あるじ)の居なくなった住居跡の空き地に立派な柿の木が実をたわわに付けていました。

もう、誰も柿を取る人が居なくなった郷。樹木や花などの自然の物だけがどの住居跡にも残っていて哀愁を感じます。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4
こちらは前回も撮影した西宮踏切です。

Vcm_s_kf_repr_874x594

栗や柿は秋の象徴として最高の題材ですね。

誰も取らないのでせめて撮っておきましょう。・・・・なんてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

吾妻線の記録/105 紅葉開幕 

吾妻線の紅葉が少しずつ始まりました。

まだやや色味が少ないものの、川沿いの涼しいところから少しずつ色付き始めています。

まだ緑が残っていますが、これはこれで綺麗ですね。

   第三吾妻川橋梁の様子です。
Vcm_s_kf_repr_882x588_10
Vcm_s_kf_repr_882x588_2

生憎の天気で青空が出てくれませんでした。晴れたら本格的に撮影に出かけるとしましょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

今日の鉄分補給/高崎鉄道ふれあいデー2

Vcm_s_kf_repr_588x882

今回の「高崎鉄道ふれあいデー」で見ておきたかったのが枕木の交換作業でした。

こんな風に交換するんだろうな、とはおおよそ思っていても実際に作業を見たことが無かったのでいい機会でした。

          この新しい枕木を古いものと入れ替えます。

Vcm_s_kf_repr_882x588

          枕木の位置と歪を計測していきます。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2
          線路間の計測です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

          既存の犬釘を抜いていきます。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4
          犬釘が外され、重機にて枕木が横に抜かれていきます。

Vcm_s_kf_repr_882x588_5Vcm_s_kf_repr_882x588_6

          新しい枕木をその場所へ入れます。

Vcm_s_kf_repr_882x588_7
          犬釘が撃ち込まれる場所にドリルで下穴を開けます。

Vcm_s_kf_repr_882x588_8
          枕木とレールの間に手のひらの上のプレートを挟みます。

Vcm_s_kf_repr_882x588_11
          犬釘をハンマーで打ち込んでいきます。

Vcm_s_kf_repr_882x588_9
          この後、重機でバラスを締めこんで完成です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_12
これら保線の作業は我々が深夜の寝ている時間帯に行われていますが、改めて大変な仕事だと再認識した次第です。ありがたいですね。

この日のお弁当です。「高崎鉄道ふれあいデー」特製記念弁当です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_13
のりを機関車に切り抜いて手が凝ってます。達磨べんとうで有名な「たかべん」製でした。

Vcm_s_kf_repr_882x588_14
もう来年が楽しみになってきてしまいました。来年はどんな趣向を凝らしてくれるのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

今日の鉄分補給/高崎鉄道ふれあいデー

今日は、「高崎鉄道ふれあいデー」に行ってきました。予想以上のすごい賑わいでした。

今回は新幹線の保守基地の見学ができるとのことで早めに出かけて正解でした。

朝から霧雨の不穏な雲行きでしたが、曇り空ながらなんとか雨は回避できました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_7

それでは今日の展示車両をザックリと紹介しましょう。

まずは新幹線の保守基地から。ここは初めて訪れました。

殆ど初お目見えの保守車両でした。

Vcm_s_kf_repr_882x588

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

Vcm_s_kf_repr_882x588_4
一通り撮影し、本来の第一会場へと戻りました。

蒸気機関車は、サービスで汽笛や煙を時々上げていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_6

Vcm_s_kf_repr_588x882_4
高鉄の名物マスコット機関車のムーミンとも久々の再会です。EF65とEF60のヘッドマークは時間によっていろいろ変えられていたようです。

撮影の順番待ちが大変でした。

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

いつの日かまた会いましょう。高崎支社のみなさん有難うございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

吾妻線の記録/104 林地区の俯瞰その2

久森沢橋のたもとからの俯瞰ですが、新145号線八ッ場バイパスを取り込んでみました。

左側から旧145号線・JR吾妻線そして新145号線八ッ場バイパスです。そして、画面奥は丸岩山です。

Vcm_s_kf_repr_882x588
吾妻線に185系が走っています。

左前方に見える不動大橋の橋脚の2/3くらいまで水面が上がってきます。

近い将来、ダム湖の景色となってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

吾妻線の記録/103 楡木沢橋梁付近 紅葉間近

北海道では雪が降ったそうですが、白根山近辺でも雪がちらついたそうです。

寒さも増して、吾妻線の紅葉が待ち遠しいところですが、この台風による落葉は大丈夫だったでしょうか。

楡木沢橋梁付近の185系「草津号」です。陽が傾き始めたため、夕陽によってオレンジ掛かった色合いになってしまいました。

Vcm_s_kf_repr_882x588

そして、吾妻線を撮影に行ったこの日、思わぬものが撮影ができました。

ドクターヘリです。

Vcm_s_kf_repr_882x588

山間部の多い地区では欠かせない救急医療の最先端ですね。

JA6910は、群馬所属のドクターヘリですが、東北震災時は東北方面まで遠征して活躍したそうです。この日の収容者は大丈夫だったでしょうか。今後の活躍に期待です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

今日の鉄分補給/蒸気の時代から

今日、「ななつ星」が運行を開始しましたね。

鉄道ははリニアモーターカーの時代になろうとしていますが、相反してゆっくりと列車に揺られ旅行をすることが贅沢な時代にもなっています。

鉄道の歴史の中でどうしても外せない魅力のあるアイテムは「蒸気機関車」でしょうね。全国各地で復帰した機関車が沢山走っていますが、今だ人気は衰えません。

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

この先いつまで蒸気機関車が各地で走ってくれるのかわかりませんが、癖のある機械を操作される人たちやそれをメンテする人たちの苦労は大変なものがあると思います。

そんな人たちのことを思い描きながら蒸気機関車の撮影は有り難くシャッターを切らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

吾妻線の記録/102 不動大橋と俯瞰

不動大橋を潜る115系ですが、ダム湖の深さを思い知ります。

Vcm_s_kf_repr_588x882
不動大橋から下を覗きこんでも高いですよね。高所恐怖症の人は怖いかもね。

Vcm_s_kf_repr_882x588

Vcm_s_kf_repr_882x588_3
不動大橋のたもとに「道の駅」が出来たので、この橋から景色を見る人が随分と増えました。

その「道の駅」でソフトクリームをゲット。抹茶、激ウマでした。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

吾妻線の記録/101 林地区の俯瞰 

不動大橋からの大俯瞰で有名になった林地区ですが、最近「久森沢橋」からの俯瞰にハマっています。

まず、185系「草津号」から・・・

Vcm_s_kf_repr_882x588

そして、115系です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2
この地区は、稲の刈取りやはぜ掛けの撮影に来ていますが、今回は脱穀作業を行っていました。代替え地の田んぼはあるんでしょうか。それとも、作らなくなってしまうんでしょうか。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

吾妻線の記録/100 第三吾妻川橋梁

吾妻線の記録も気付くと今回で100回となりました。

昨日は第二吾妻川橋梁だったので、丁度100回目は大好きな第三吾妻川橋梁です。

今回は特別なので、珍しい写真はないかと探したら霜取りのクモヤが有りました。仕事を終えて新前橋へと帰っていくところです。

Vcm_s_kf_repr_882x588
反対側よりの撮影です。あまり第三橋梁では紹介されていませんが、川原湯温泉駅側には桁橋が掛かっています。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3
後方の湖面1号橋も3月はまだ桁が繋がっていませんでした。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4
上下の写真は手前に上りの国道橋が重なっているために不思議な形になってしまっています。

冬の写真ばかりだったので、紅葉の始まったころの写真も1枚添えました。今年で紅葉は撮り収めとなってしまうんでしょうか。もう少しすると撮り頃となりますね。

Vcm_s_kf_repr_588x882

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

吾妻線の記録/99 第二吾妻川橋梁

最近鉄分補給が希薄となっているため、ブログの更新が滞っています。

ということで、相変わらずの在庫整理で今回も失礼します。

第二吾妻川橋梁に絞って掘り出してみました。

滝見橋より・・・

Vcm_s_kf_repr_882x588
こちらは、上り電車の車窓から・・・

グレーに塗られたトラス橋で以前は綺麗だったのですが、消滅する橋梁ということで残念ながら塗装のメインテナンスはおこなわれていません。

Vcm_s_kf_repr_892x582
最近人気のポイントから・・・

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

定番の国道側から・・・

Vcm_s_kf_repr_882x588_5
新線の第二吾妻川橋梁はコンクリートになってしまいますが、個人的にはこんなトラス橋が好きです。

幸いにも新線上の白岩沢橋梁は、トラス橋が採用されています。僅かに地上に出たこの橋の場所は、イヌワシの生息地域ということで、上空から電車の姿が見えないように配慮して屋根を掛けたそうです。

新線は、殆どトンネルで景色が見られなくなるのは残念ですが、地中に移行したということでは上記を含め、自然には配慮されているのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

吾妻線の記録/98 八ッ場ダム来年着工決定

八ッ場ダムの着工が来年10月に決定しました。

おのずと吾妻線はダムサイトとなっているため使用できなくなります。

          ダムサイト 2012年10月撮影

Vcm_s_kf_repr_588x882

そして、工事前に全ての生活圏が移転してしまった場合、既存の川原湯温泉駅の存在が無意味となってしまいますし、在来線も使う意味が無くなってしまいます。

近いうちに吾妻線の切替時期が発表されることでしょう。

          近い将来、在来線から新線へと線路がつながります。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

在りし日の屋代線③

廃線が近いある日、旧車両が信濃川田駅に回送留置されました。

Vcm_s_kf_repr_882x588
その後シートが掛けられましたが、そのシートも風化して取れてしまいました。

(その車両の様子はこちらをご覧ください。)

この駅の前後の線路は既に撤去されてしまい、ここから身動きできない状態となっています。

この駅と旧車両はこの先どうなってしまうのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

在りし日の屋代線と街並み②

現在、この俯瞰画面の手前を走る屋代線はありません。

画面一番奥には北陸へと延びていく長野新幹線の高架が見えます。これも時の流れというものでしょうか。

          岩野駅~象山口駅間 妻女山よりの俯瞰(2011年8月撮影)

Vcm_s_kf_repr_626x830
最近、Googleマップから屋代線の路線図が消えていました。航空写真に切替えるとまだ線路が当時のままだったのでちょっと懐かしくなりました。この航空写真も更新され、跡形もなくなってしまうんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

吾妻線の記録/97 緑から紅へと

今年もそろそろ吾妻線の吾妻渓谷に紅葉の季節がやってきます。

新線に切替えられるとトンネルとなってしまうため、渓谷の紅葉と吾妻線のコラボは二度と見られなくなってしまいます。

今年の夏は暑かったため、各地の紅葉は色付きがいいとか・・・。いまから楽しみですね。

Vcm_s_kf_repr_588x882
Vcm_s_kf_repr_882x588_7
Vcm_s_kf_repr_588x882_6

紅い舞台が一番きれいな吾妻線はいつ頃になるんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

上田電鉄 別所線/収穫の秋

先日、吾妻線のはぜ掛けを紹介しましたが、ここ別所線でもあちこちの田んぼで収穫作業が行われていました。

八木沢駅~別所温泉駅 間

Vcm_s_kf_repr_882x588

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

抜けるような秋の青空で、空を大きく入れたくなります。

中野駅~舞田駅間

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

別所線の反対に目を向けると、一面に田んぼが広がり長閑な収穫の秋を実感しました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »