« 上田電鉄 別所線/秋桜 | トップページ | 吾妻線の記録/95 稲刈り »

2013年9月24日 (火)

在りし日の屋代線と街並み

家屋の間を縫うように走っていた在りし日の屋代線。

しかし、この町からは既に鉄道は姿を消してしまった。

Vcm_s_kf_repr_882x588

これから鉄道が姿を消す吾妻線の切替区間。しかし、そこに有った街は既に姿を消してしまっている。

どちらが姿を消しても寂しいもの。やはり、鉄道は人と共存している姿がいい。

|

« 上田電鉄 別所線/秋桜 | トップページ | 吾妻線の記録/95 稲刈り »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

屋代線も今となっては写真でしか見ることができないのですね。
最近は行っていませんが、もう線路も取り払われてしまったでのしょうか。
吾妻線の切り替え区間は、違うルートを走るという意味では状況は違いますが、同じ風景はもうみられなくなってしまうと思うとやはり寂しいですね。

投稿: Nao | 2013年9月26日 (木) 05時27分

Naoさん こんばんは。
屋代線の線路は殆ど撤去され、段々と痕跡が薄れ始めています。
各地の廃線跡の歩き鉄などが人気となっていますが、そんな懐かしい存在となってしまうのでしょうね。
やっぱり電車が走っていた頃と比べると、町全体の活気が無くなった感はぬぐえませんね。
後戻りは出来ない廃線ですが、実際にそうなってみると寂しいものですね。

投稿: 浅間通信員 | 2013年9月26日 (木) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 在りし日の屋代線と街並み:

« 上田電鉄 別所線/秋桜 | トップページ | 吾妻線の記録/95 稲刈り »