« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

今日の鉄分補給/高崎線130周年記念号

「高崎線130周年記念」の特別号がいろいろ走るということで撮りに行ってきました。

まず、高崎線の高崎駅~上尾駅間をレトロな機関車と客車で往復する「快速レトロ高崎線130周年号」です。牽引はEF64でした。

Vcm_s_kf_repr_882x588
次に上野駅~水上駅間の特別列車です。上野~高崎までを電気機関車で、高崎~水上までをSLで牽引という贅沢な企画です。

高崎から先の水上駅までを牽引する機関車が機関区から出てきました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

高崎電車区にEF65牽引の特別列車がやってきました。高崎駅で、C61にバトンタッチされます。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2
このEF65の特別列車を見届けて水上まで高速を走って先回りしました。

水上に到着し、セットアップが完了すると大雨に見舞われましたが、列車到着前にはなんとか止んでくれました。

列車の牽引はC61に変わり、定刻通りに水上にやってきました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4
折角なので、折り返しの列車を首を長くして待ちました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_5
Vcm_s_kf_repr_882x588_6

天気が土砂降りの雨だったり、かんかん照りになったりと目まぐるしく変化し、撮影が大変でした。

でも、特別な記念列車の撮影ができたので出掛けて正解でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月27日 (土)

しなの鉄道/169系軽井沢駅へ

以前から軽井沢駅に静態保存されるといわれていた169系は、先日3両編成の自走で軽井沢駅に入線しました。

先頭車1両(クモハ169-6)だけを切り離し、残りの2両は、しなの鉄道カラーの115系に牽引されて屋代駅に移動し、現在そのままの姿で留置されているそうです。

Vcm_s_kf_repr_882x588

なぜか電車は1両だけになってしまうと寂しいものですね。後ろ姿が痛々しいです。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2
旧軽井沢駅舎記念館のホームにEF63などと共に展示されています。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3
しなの鉄道の115系とツーショットで。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4
Vcm_s_kf_repr_882x588_5

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

吾妻線の記録/72 新線の「川原湯温泉駅」

先日紹介した新しい「長野原草津口駅」の供用開始は、早いもので8月1日となりました。7月27日には完成式が執り行われるようです。

新線の「川原湯温泉駅」も形になってきたので完成はあっという間でしょうね。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2
Vcm_s_kf_repr_882x588_3
在来線の駅名称は「川原湯駅」でしたが、1991年(平成3年)に「川原湯温泉駅」と駅名に温泉が付いて改名されました。

Vcm_s_kf_repr_588x882
Vcm_s_kf_repr_882x588_4
最近では珍しくなった木造駅舎のお勤め期間もあとわずかとなりました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

新線の駅名は、「新」が付くか付かないか、はたまた「川原湯駅」に戻るのか。

個人的には「新」が付かない「川原湯温泉駅」にしてもらいたいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月24日 (水)

吾妻線の記録/71 勾配標

先日の距離標に引き続き、今度は勾配標識をモチーフに撮ってみました。

下り電車がやってきました。この線路の勾配はどの位に見えますか?

Vcm_s_kf_repr_882x588
          正解は16m/1,000mです。写真だと解りずらいですね。

Vcm_s_kf_repr_593x876
標識は上り方面向きに下り勾配で表示されているので、この電車は逆に上り勾配で、上りきると水平ということになりますね。

カーブの先の直線入口には白黒の速度制限解除標識が立っています。

標識を見ながら撮影していると違う面白さが味わえますね。(川原湯温泉駅~長野原草津口駅間にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

今日の鉄分補給/Nゲージ EF63

Nゲージの鉄道模型は、いろいろなことに忙しくて所有している一部を除いて全て仕舞い込んでいます。その殆どが機関車と貨物車で、かなりの数の車両が日の目を見ずに眠っています。

最近ブログで碓氷峠で活躍したEF63を話題に出してからちょっと気になっていたため、仕舞い込んでいた機関車を出してみました。

Vcm_s_kf_repr_882x588
現在、EF63は3組6両を所有しています。車番やアンテナ、ジャンパー栓など部品の装着が殆ど手付かずで本来の姿になっていません。

Vcm_s_kf_repr_588x882_5

最近封切りされた「風立ちぬ」では信越線碓氷峠のめがね橋が出てきます。この機関車は、その時代より後の機関車ですがめがね橋の情景がアニメで再現されています。古き良き時代です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

          早朝、出番を待つ横川機関区のEF63(ブレボケはご勘弁)
Vcm_s_kf_repr_588x882_7
このNゲージのEF63は最終的には横川機関区を再現したジオラマに使おうと思っています。

Vcm_s_kf_repr_882x588_6

でも、何時になることやら・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

吾妻線の記録/70 変わりゆく長野原草津口駅

かつて長野原駅と言われていたころは、駅前にはお土産屋や食堂そして喫茶店などが並び、にぎやかな駅前でしたが八ッ場ダムの建設に伴い随分と雰囲気が変わってしまいました。

そして、その旧駅舎は近いうちに新駅舎にバトンタッチして撤去されてしまいます。

手前が新駅舎、奥が既存の駅舎です。駅前の舗装工事中でした。

Vcm_s_kf_repr_882x588
新駅舎の駅名は流石にまだ覆われていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2
新線への切替も近付いているようです。長野原に接続される橋梁からの高架もほぼ出来上がり、線路がすぐそこまで敷設されていました。

Vcm_s_kf_repr_892x584

Vcm_s_kf_repr_892x584_2
新線の向こうの既存の吾妻線を湘南カラーの115系が走り抜けていきました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_6
高架の反対側に回り込んでみました。ちょうど185系の草津号が視野に納まりました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_7
近い将来この風景は見られなくなり、左の高架への新線へと切り替えられていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月20日 (土)

今日の鉄分補給 あの碓氷峠の忘れられない夏

1997年9月30日に信越線の横川駅から軽井沢駅までが廃線になってから早16年。夏になるとあの碓氷峠を思い出します。

旧線だった信越線「めがね橋」の向こうに新線の信越線の急こう配を2両のEF63があさま号をゆっくりと押し上げていきました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3
こちらは、7号トンネルを抜けるぶどう色2号のEF63

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

何年経過しても、あの峠で聞いたEF63のブロワー音は忘れることが出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金)

吾妻線の記録/69 夜の丸岩大橋

夕暮れの丸岩大橋(湖面3号橋)を撮ってみました。

吾妻線の夜間撮影は真っ暗になってしまうため撮影が大変です。

虫よけスプレーを忘れてしまい、この日は5ヶ所ほど蚊にやられてしまいました。

   下田踏切から見上げて撮りました。上りの115系普通列車です。

Vcm_s_kf_repr_882x588
本当はバックは夕焼けの予定だったのですが・・・。

列車の時刻、天候、これが揃わないと撮れません。ローカル線は、運行ダイヤが少ないのでそんなに簡単にイメージ通りの写真は撮らせてくれませんね。

    下田踏切を通過する下り115系。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月17日 (水)

上田電鉄 別所線 「田園地帯」

あまり時間的に余裕がないため、長野県と群馬県の近場のローカル線を中心に撮影活動をしてお茶を濁しています。全国各地には素敵なところが沢山有りますが、今の仕事の環境の中ではなかなか個人での遠出の撮影は頻繁にできません。

でも、いつも訪れている所でも新たな発見が有ったりしてこれはこれで面白い時があります。地元知らずして当然地方は語れないですもんね。

ということで、久々に上田電鉄別所線に行ってみました。

下之郷駅~中塩田駅間

Vcm_s_kf_repr_882x588
今日は、午後からの出動。雨が降ったりやんだり。空も明るくなったり暗くなったりと変な天気でした。

薄暗くなった別所線の線路は雨で濡れ、ライトが反射して輝いていました。

田んぼも緑が鮮やかな景色になりましたねー。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

吾妻線の記録/68 勝沼橋梁

今回は、撮り溜めた中から掘り出した「勝沼橋梁」です。

まず、不動大橋を潜り「勝沼橋梁」を渡ろうとしている185系草津号です。

Vcm_s_kf_repr_882x588
こちらは、お馴染み115系の4両編成です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2
そして、107系です。

Vcm_s_kf_repr_918x567

青い空が欲し~。ということで、相変わらずの曇り空でボツにしようと思った写真ですが、記録とすれば良しとしましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

草軽電鉄 古地図入手

以前より「草軽電鉄」の廃線跡を訪ねてみようと思っていたのですが、正確なルートの地図がないために一部あやふやな部分があり、「草軽電鉄」を落とし込んである当時の古地図を探していました。

Vcm_s_kf_repr_914x569_5

最近、幸運にも同じ地図会社で製作された同縮尺の「草津」と「軽井澤」の古地図が手に入ったため、全線の正確なルートを知ることができました。

Vcm_s_kf_repr_882x588

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

昭和27年に最終修正された地図なので、時代的にもちょうどいい地図です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

これで納得のいく廃線訪問が出来そうです。時間は掛かると思いますがいずれ紹介できる時が来ると思います。

Vcm_s_kf_repr_886x587_4
こちらは、14日の旧軽井沢銀座入口です。当時この右手手前に「旧軽井沢駅」があり、線路は左に進んで「三笠駅」へと繋がっていました。

Vcm_s_kf_repr_832x624_4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

屋代線廃線 その後の綿内駅

前回に引き続き屋代線の廃線後の様子です。今回は「綿内駅」です。

「綿内駅」は、「信濃川田駅」とともに何回も訪れた駅でした。

Vcm_s_kf_repr_882x588
駅舎はそのまま残されていますが、対面のホームや線路そして架線など全て無くなっていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

その廃線前の様子です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_6

こちらは須坂方面です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

その廃線前の様子です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

そしてこちらは屋代方面です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

その廃線前の様子です。

Vcm_s_kf_repr_884x589

柱には駅名がそのまま残っていました。

Vcm_s_kf_repr_588x882
改札の扉です。この木製がいい味を出していてたまりませんね。

Vcm_s_kf_repr_588x882_2
扉の取っ手です。その向こうにはやはり木製のベンチが有ります。

Vcm_s_kf_repr_588x882_3
この駅舎跡には線路も電車も有りませんが、是非とも残しておいてもらいたい貴重な文化遺産だと改めておもいました。

Vcm_s_kf_repr_588x882_5

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

屋代線廃線 その後の信濃川田駅

屋代線廃線のその後が気になって「信濃川田駅」に行ってきました。

駅に到着すると、例の旧車両たちを覆っていたブルーシートが無くなっていました。

なんという素敵な風景なんでしようか。旧型車両と木造駅舎のたたずまいは、昭和初期にワープしたようでした。

Vcm_s_kf_repr_882x588
近寄ってみると、ブルーシートは撤去されたのではなく、劣化して足元に残骸となって残っていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

Vcm_s_kf_repr_882x588_15

構内は相変わらず立ち入り禁止となっていて逆光の方向でしか撮影できません。
Vcm_s_kf_repr_882x588_3
駅の周辺の線路や架線は既に跡形もなく撤去され、廃線後の時間の経過を実感しました。

信濃川田駅より屋代方面は、更地になってしまいました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

A編成の足元まで線路は撤去されていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_8

こちらは移動されたばかりの頃の様子です。残念ながら今はシートに包まれて姿をうかがい知ることはできません。

Vcm_s_kf_repr_882x588_10

上り方面の線路、そしてホームも撤去されていました。草が勢いを増しています。
Vcm_s_kf_repr_882x588_11

こちらは、廃線間近に撮影した駅の様子です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_12

「信濃川田駅」は、鉄道公園にする計画があって車両が移動されましたが、計画は難航しているようですね。廃線後もまだまだ目が離せない場所です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

吾妻線の記録/67 川原湯温泉駅のツーショット

川原湯温泉で撮り溜めた写真の続きとなりますが、この川原湯温泉駅では上下の列車の交換駅となっているため、いろいろな種類の電車のツーショットを撮ることが出来ます。

この写真は、回送の「草津号」と土・休日限定の「やまどり」との並びです。「草津号」は、配車の状況によって「あまぎ色」になったり、「田町色」になったりといろいろ楽しめます。

Vcm_s_kf_repr_882x588

こちらは逆に普通列車同士の115系と107系の交換ツーショットです。
Vcm_s_kf_repr_882x588_2

そして、いまや吾妻線の顔となった115系湘南色の並びです。

Vcm_s_kf_repr_918x567

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

吾妻線の記録/66 営林署踏切と湖面一号橋

川原湯温泉の下り側にある遮断機のない小さな踏切「営林署踏切」です。

Vcm_s_kf_repr_588x882
この踏切の真上には「湖面一号橋」が建設されていています。最近桁が繋がったようなので完成は間近のようです。

Vcm_s_kf_repr_588x882_2
完成すると、川原湯温泉駅や吾妻川橋梁などの俯瞰撮影のできる絶好撮影ポイントとなると思うのですが、果たして新線への切り替えまでに供用開始になるのでしょうか。

Vcm_s_kf_repr_588x882_3

この橋の完成で対岸のバイパス道路に3本の連絡橋が湖面に掛かることになります。

Vcm_s_kf_repr_882x588_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

吾妻線の記録/65 距離標

「距離標」を絡めた写真を以前から撮ろうと思っていて、なかなかそのシチュエーションに出会えなかったのですが、川原湯温泉駅のホームの片隅にその「距離標」があったのでさっそく撮影の題材に頂きました。

Vcm_s_kf_repr_588x882

公称では、吾妻線の基点、渋川駅から36.4Kmなので、駅舎からちょっと手前のこの地点がこの距離表示なのはなるほどとうなずけました。

個人的には、Km表示と100m表示の文字の大きさと上下の位置関係に違和感を覚えるのですが意図があるんでしょうかね。

この川原湯温泉駅は、切り替えに伴い唯一消滅してしまう駅(駅舎)なので何故か哀愁を感じてしまいます。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3
Vcm_s_kf_repr_882x588_4
ふと「駅名標」の足元を見たら標高が表示されていました。520.88mだそうです。

Vcm_s_kf_repr_588x882_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

吾妻線の記録/64 群馬の夏

7月に入り、また群馬の鉄が元気になる季節となりました。以前は「ディストネーションキャンペーン」という位置づけで夏の群馬を鉄で彩ってきましたが、最近はD51やC61が定着したので特別なキャンペーンは必要ないようですね。

こちらは昨年の「ディストネーションキャンペーン」中に撮影した115系の掘り出し写真です。

全国ゆるキャラ人気投票で3位ながらいまいち知名度の低い「ぐんまちゃん」のヘッドマークを付けています。

Vcm_s_kf_repr_597x868

こちらは2011年の撮影です。サイドはこんなラッピングが施されていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2
また群馬の夏を堪能しに信越線・上越線そして記録のライフワークとなっている吾妻線に出掛けるとしますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

吾妻線の記録/63 ガマの穂

吾妻線沿線で「ガマの穂」を見つけました。

まだ綿毛になるには早い青い穂でしたが、子供のころに穂をほぐして綿毛にして遊んだ記憶が蘇りました。

茶色く膨らんだ穂になったころまた訪れてみましょうかね。

     草津温泉口駅~川原湯温泉駅間

Vcm_s_kf_repr_882x588
あまぎ色の車両も緑に映える素敵な色合いですね。国鉄時代からの伝統ある色なので無くさないでほしいですね。

     川原湯温泉駅~岩島駅間 第一中原トンネル(129.5m)

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

吾妻線の記録/62 栃木沢橋梁

長野原草津口駅の上り方面に「栃木沢」という名の小さな橋梁があります。長さ2.9mの車がやっと潜れる程の小さな橋梁です。 

栃木沢橋梁を通過する107系です。橋梁の向こうには近い将来電車が往来する第三吾妻川橋梁が見えます。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2
こちらは冬に撮影した「栃木沢橋梁」です。

Vcm_s_kf_repr_882x588

駅周辺の線路切替の建設にともない道路も一部迂回されたので、この線路と並走していた道路も車の往来が無くなりました。

車もバスも通らなくなった道路の傍らにバス停が取り残されて立っていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

ちいさな橋梁でもここを電車が近い将来もう通らなくなると思うとちょっと寂しくなりました。
Vcm_s_kf_repr_882x588_4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »