« しなの鉄道 季節外れの雪 | トップページ | 上信電鉄 山名八幡宮 »

2013年4月22日 (月)

渋谷駅 忠犬ハチ公像が設置された日

1934年4月21日、渋谷駅にハチ公像が設置されその除幕式が行われました。

秋田犬のハチは、大学教授の上野 英三郎氏の愛犬で、教授の出勤の行き帰りに渋谷駅に見送り、そして迎えを日課としていました。ある日教授は脳梗塞のため教壇で倒れ帰らぬ人となってしまいましたが、そんなことを知らないハチは来る日も来る日も主人の帰りを渋谷駅の改札口で待つ日々が続きました。

ハチは、主人の姿が消えてから3日も食事をとらなかったそうです。そんな姿がある日新聞記事となり、飼い主を待ち続けるハチは一躍話題の忠犬として知られ多くの人に感銘をあたえることになります。

新聞に取り上げられるまでは渋谷駅に居座る犬として時にいじめられ虐待されたそうですが、報道後は一変して可愛がられ食事を与えたりする人もいたそうです。

そんな中、ハチの話に感銘を受けた美術家が銅像を造りたいと申し出ると、国鉄や愛犬家協会が後押しをして渋谷駅前に銅像を設置することになりました。後に、ここが渋谷駅ハチ公口の名前となります。

生前に銅像となったハチ公でしたが、翌年に渋谷駅のハチ公口とは逆の普段行かない稲荷橋のたもとで亡くなっているのを発見されました。死を悟ったハチは、どうしても会いたい主人を見つけるために、駅の周りを探し回ったのでしょうか。

死後も美談と共に銅像として残ったハチでしたが、現在の銅像は2代目となるそうです。初代の銅像は不幸にも戦争の時に供出されてしまいました。機関車の材料として熔解されたそうですが、鉄砲玉などの武器として使われなかったのが救いです。しかし、その熔解作業は終戦の日の前日だったそうです。運が悪いとしか言いようがありませんね。

私がハチ公像を初めて見た時は、道路側を向いていましたが、現在は駅の入口側に向きを変え、位置も変わりました。

こちらは、東横線渋谷駅の切替前の撮影に行った時、正にハチの亡くなった場所から撮影したものです。

Vcm_s_kf_repr_588x882
Vcm_s_kf_repr_588x882_2

|

« しなの鉄道 季節外れの雪 | トップページ | 上信電鉄 山名八幡宮 »

毎日記念日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷駅 忠犬ハチ公像が設置された日:

« しなの鉄道 季節外れの雪 | トップページ | 上信電鉄 山名八幡宮 »