« 今日の鉄分補給/草軽電鉄 北軽井沢駅 | トップページ | しなの鉄道 桜の木伐採騒動に思う »

2013年3月22日 (金)

北軽井沢 桜岩地蔵観音

せっかく北軽井沢に出掛けたので以前から気になっていた「桜沢地蔵観音」に行ってきました。

Vcm_s_kf_repr_882x588
以前、「湯の丸道しるべ百体観音」を紹介しましたが、浅間山の麓にはもう一つ有名な「百体観音」があります。それがこの「桜岩百体観音」です。天明3年の浅間山大噴火の後、焼け野原となった地域の道しるべとして祀られたのが始まりとされています。

この北軽井沢の栗原という場所を基点として、長野県の沓掛宿(中軽井沢)と群馬県の大笹宿(嬬恋村)そして同じく群馬県の狩宿(長野原町)の三方向に道しるべとして各々33体の観音様を1丁(110m程)ごとに祀りました。基点の観音様を入れて計百体になります。

こちらが北軽井沢栗原に祀られていた基点の観音様です。頭に馬が乗っていますので馬頭観音的な位置づけでしょうか。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

往来する人馬の安全を・・と合唱しているのでしょうか。表情が穏やかで癒されます。
Vcm_s_kf_repr_882x588_3

この場所は、そもそも冒頭で紹介した写真の奥にある祠のお地蔵様だけを祀っていた場所でしたが、大正時代になって行方の解らなくなってしまった観音様や、道路の付替えなどにより山の中に放置されてしまった観音様の状態を悲しんだ草軽電鉄により存在の確かな観音様をこの地に保護しました。

こちらがこの地に最初から祀られている「桜岩地蔵」です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4
Vcm_s_kf_repr_882x588_5
傍らには岩を割って育った桜の木があり、「桜岩地蔵」といわれています。岩をも切り割っていることから「縁切り地蔵」とも言われていますが、忘れたい人の縁だけでなく、桜の咲く年度の切り替わり時期に過去を捨てて新規一転頑張りたい人にもいいようです。

当時このお地蔵様の元に集められた観音様はその3割ほどに数を減らしていたといいます。近年、なんとか元の百体にしてあげたいと、有志により足りない数の観音様が寄贈されて、現在は新旧合わせて百体になっています。

参道沿いの観音様が初代の観音さま、2列目から後ろが新しい観音様です。今回は、初代からの古い観音様を何体かピックアップして紹介します。

Vcm_s_kf_repr_882x588_6

Vcm_s_kf_repr_882x588_7

其々の観音様には寄贈された人の地名と名前が刻まれています。

Vcm_s_kf_repr_561x924

Vcm_s_kf_repr_573x904
Vcm_s_kf_repr_882x588_8
Vcm_s_kf_repr_882x588_9

|

« 今日の鉄分補給/草軽電鉄 北軽井沢駅 | トップページ | しなの鉄道 桜の木伐採騒動に思う »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北軽井沢 桜岩地蔵観音:

« 今日の鉄分補給/草軽電鉄 北軽井沢駅 | トップページ | しなの鉄道 桜の木伐採騒動に思う »