« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月28日 (月)

吾妻線の記録/32 水車橋梁

吾妻線の写真は、「不動大橋(湖面2号橋)」からの俯瞰撮影があまりにも有名になってしまいましたが、一味違う「水車橋梁」の写真を撮りに出かけてきました。

足もとまで寄って撮ってみました。俯瞰ばかりでなく、見上げてみるのもいいもんですね。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2 

こちらは、よく見かける俯瞰ですが、電車は写っていません。山に掛かる雲が綺麗でシャッターを切りました。こんな時に電車が通過してくれるとバッチリなのですが、雲はすぐになくなってしまいました。去年の秋の早朝の撮影です。

Vcm_s_kf_repr_637x814

今回の撮影は空が綺麗だったので、こんなアングルの写真も撮ってみました。

Vcm_s_kf_repr_623x834

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

JAZZの日~♪

今日は、JAZZの日です。JAZZのZZが22に似てることからこの日になりました。

てことで、私の大好きな「ビル エバンス」をこの日に紹介します。

Vcm_s_kf_repr_882x588

ジャズ界の宝、ビル エバンスの代表作「Walts for Debby」です。私のベスト5に入る大好きなアルバムです。

ビル エバンスが好きで、数えてみたらCDが25枚ほどありました。リリースされたCDはほとんどあります。

既に30年以上前に51歳という若さで亡くなっていますが、音源がきちんとした状態で記録されているため、今でもその才能を堪能できます。

いつも思うのですが、チャーリーパーカーがあと30年後に生まれていたらジャズ界はもっと変わっていたかもしれません。偉大なサックス奏者と解っていても、音源が古すぎて私には良さが伝わってきません。何枚かあるCDを聞いていても正直飽きてしまうのです。もったいないですね。

生演奏がいい。というのはいい例で、五感に響く情報量が多いからでしょうね。

ビルエバンスの演奏を映像で観たことのある方は解ると思いますが、目を閉じて鍵盤に突っ伏して演奏する様が音だけでも蘇るほどのすばらしい演奏です。

ビルエバンス、この人ちょっと私を変えた人かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

吾妻線の記録/31 雪景色の第二吾妻川橋梁

吾妻線雪景色の3弾目。今回は、第二吾妻川橋梁です。

Vcm_s_kf_repr_884x586

こんな雪景色、あと何回見られるんでしようか。

Vcm_s_kf_repr_882x588 

そして、お馴染みの角度から。

Vcm_s_kf_repr_852x609_2

この辺は豪雪地域ではないため、1日もすると木々の雪は消えてなくなってしまいます。今回は運よく休みと重なって撮影できました。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

吾妻線の記録/30 雪景色の第三吾妻川橋梁②

雪景色の第三吾妻川橋梁を色々な角度から撮影できたので前回に続き紹介します。

こちらは、下り側から見た橋梁です。夏場は草や葉が邪魔していましたが、なんとかスッキリ撮影できました。

Vcm_s_kf_repr_884x587

川原湯温泉からの俯瞰です。枝が少々うるさいですがこんなもんでしょうね。

Vcm_s_kf_repr_886x587

そして、また下り方面からです。ちょうど信号が赤に変わった瞬間ですね。この時ちょっと雪がちらついていました。

Vcm_s_kf_repr_922x564

冬の撮影は寒くて厳しいですね。南極観測隊に負けぬほどの重装備をしないと風邪をひいちゃいます。この日、撮影中は殆ど氷点下でした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

吾妻線の記録/29 雪景色の第三吾妻川橋梁と樽沢トンネル

各地に雪が降ったので久々に吾妻線の雪化粧の撮影に行ってきました。

この時期になると木々の葉で隠れていた景色がなんとか見られる場所が増えてきます。そんな、ちょっと気になっていた場所が有ったので行ってきました。

第三吾妻川橋梁の北側からの俯瞰です。もうちょっとスッキリするといいんですが、それは、こちらの勝手ですからできませんね。

Vcm_s_kf_repr_882x588

こちらは日本一短いトンネル、ご存じ「樽沢トンネル」の雪化粧です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

紅葉も綺麗でしたが、雪景色もなかなかいいもんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

信濃国分寺(八日堂)の縁日

年末年始と働き詰めだったのですが、やっと休みとなったので初詣がてら上田市信州国分寺の縁日に行ってきました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

地元では通称「八日堂の縁日」と言っていて、年始の7日と8日に催されています。8日の朝には「蘇民将来符(そみんしょうらいふ)」という六角形の木彫りの魔除け開運のお守りが配られるとあって毎年長蛇の列ができて境内は人でごった返します。

今日(7日)夜の参道は参詣者の列が山門まで続いていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588

参道には屋台が所狭しとにぎやかに連なり、いやがおうにも気分を盛り上げてくれます。100軒以上は出店していたと思いますが、かなりの迫力です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

やっと幟旗が見えてきました。わー、まだ遠いなー。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

国分寺の裾までたどり着きました。境内は人で埋め尽くされています。

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

やっとお参りが出来そうです。いい年になるようにしっかりお参りをしましょう。

Vcm_s_kf_repr_882x588_6

お参りを済ませて振り返ると、すごい人の列が後ろに控えていました。薬師さまもこれだけの人の願いを聞かなくてはならないので大忙しですね。

Vcm_s_kf_repr_882x588

帰りに達磨を購入。買ったのはこのお店ではないのですが、6000円の達磨を5000円で買ってきました。もう一声といきたいところでしたが、縁起物なのでこのあたりで止めておきました。

八日堂に出店している達磨屋さんは、先日ブログでも紹介した高崎市の少林山達磨寺で6日から7日の未明まで達磨市で出店していたお店がこちらにやってきます。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

今年は、宝船と破魔矢も購入しました。大散財、いや大盤振る舞いです。お店の人にサービスで熊手までいただいたので、これだけ縁起物が揃えば今年の我が家は招福万来です。もーこの際言い切っちゃいましょう。   

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

久々の休みで初詣もできたし、縁日の屋台の美味しい物もちゃっかりいただいたので、リフレッシュが出来て元気が出ました。

今年、「浅間通信員」に訪れていただいた皆さんに幸せが訪れますように。

遅らばせながら、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »