« 吾妻線の記録/11 新緑の第二吾妻川橋梁 | トップページ | 吾妻線の記録/13 平沢橋梁 »

2012年7月22日 (日)

吾妻線の記録/12 第三吾妻川橋梁

前回の第二吾妻川橋梁に続き、今回は川原湯温泉駅の下り側にある第三吾妻川橋梁です。第二とともに周りの景色に包まれて見応えのある橋梁です。

最近、後方に建設中の湖面一号橋の姿がみるみる大きくなってきました。

段々と離れた所から撮影した写真を紹介します。こちらは車道橋の上り線から撮影したものです。

Vcm_s_kf_repr_588x882

こちらは、車道下り線からの撮影です。

Vcm_s_kf_repr_882x588

ちょっと引いて川も入れてみました。後方に道路橋の橋脚が見えます。橋の高さからこの鉄橋が完全に湖底に沈んでしまうことが想像できますね。

Vcm_s_kf_repr_588x882_2

川原湯温泉の第三吾妻川橋梁の3兄弟橋です。

Vcm_s_kf_repr_926x561_2

グッと引くと、新線の新川原湯温泉駅の予定地も入ってきます。左下からトンネルが予定地に口をあけています。(この角度からは反対で見えませんが。)小さくて分かりずらいですが、写真中央に上の写真の橋が見えます。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

最後に、駅方面側からのあまぎ色特急草津号です。

Vcm_s_kf_repr_600x868      

|

« 吾妻線の記録/11 新緑の第二吾妻川橋梁 | トップページ | 吾妻線の記録/13 平沢橋梁 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ダムが建設されて、湖にこれらの橋が水没してしまうんでしょうか。
この景観が見られなくなる事はさびしいことです。

私の郷里の新城では、今回ブログに載せている奥三河の風景ですが、
第2東名高速道路の新城ICをはじめとする大規模な造成工事で、
山は削られて、大きな橋脚がいくつも造られて自然景観が大きく
変わりつつあります。  人々の生活を便利に、豊かにするために
行う事なんでしょうが、本当にいい事なのかどうか複雑な気持ちです。
 (-_-;)

投稿: たかchan | 2012年7月22日 (日) 23時00分

たかchanさん おはようございます。

日本全国に鉄道や高速道路が張り巡らされていて私たちは快適な生活を送ることができるのですが、新規に建設される予定地の人たちにしてみると複雑な思いがあるようですね。
しかし、ここに紹介した吾妻線(長野原線)の建設の時も山や川を切り開いて同じこがあったのだと思います。豊かな文化を選択するか、不便でも自然のままを残すか難しいですね。
この地区は、50年以上も昔からダム建設の実施について国と対立し、そのおかげで道路の改修が殆ど手付かず状態で狭くて危険な難所となっていました。
特に川原湯温泉は、移転しなくてはならないかもしれない状況のため、ほとんどの施設が設備の改修ができず、老朽化が進んで客離れに拍車をかけてしまいました。
口の悪い人は、この奥吾妻地区を陸の孤島などと言う人が居たほどです。
時代の経過とともに住民の世代も変わる中、文明的な生活に取り残された状況に、反対の考えも次第にダム建設に賛成に変わり、建設が決定すると、半世紀止まっていた公共事業が一斉に開始され、飛躍的に道路状況が整備されて快適になりました。
地区の人たちにしてみると、半世紀ぶりに全国レベルの環境になったと喜んでいる人たちが殆どなのです。
このダム建設は、民主党の選挙のダシに使われて、公共資金の槍玉にあげられましたが、結果的には50年分凍結した公共事業がやっと開始されてほっとしていて、この先まだ不自由な生活を強いられるのは住民は反対なのです。
自然と文化的な環境。難しい問題ですね。

投稿: 浅間通信員 | 2012年7月23日 (月) 07時35分

こんばんは~PC復旧作業お疲れ様でした。Nゲージのジオラマのような光景が広がっていますね。ここが水の底に没してしまうと考えると寂しいですね・・・でも線路が良くなって、東京からの所要時間が短くなれば、便利になりますよね・・・

投稿: たーぼぅ | 2012年7月24日 (火) 19時23分

たーぼぅさんこんばんは。

現在の吾妻線は、自然満載で素敵な路線ですよね。
新線は殆どトンネルになってしまうため、素敵な景色は見られなくなってしまいます。
今のうちに在来線をしっかり堪能しておきたいと思います。

投稿: 浅間通信員 | 2012年7月24日 (火) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻線の記録/12 第三吾妻川橋梁:

« 吾妻線の記録/11 新緑の第二吾妻川橋梁 | トップページ | 吾妻線の記録/13 平沢橋梁 »