« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

モントレー2012 ゴール

昨日に引き続き、渋川市周辺で開催された「モントレー2012」は、予定のDAY2を終えファイナルゴールとなりました。

総合優勝は、アドバンランサーの奴田原さんでした。2位は、インプレッサの勝田さん。そして、3位がマルシェのオーナー石田さんでした。やはり、上位は順当な方の入賞でしたね。

今日は仕事で観戦できませんでしたが、上位3台に敬意を表して昨日撮影した写真を紹介します。

まず、優勝奴田原さんのアドバンランサーです。

Vcm_s_kf_repr_876x593

Vcm_s_kf_repr_924x563

そしてバックアップのヨコハマタイヤのサービストレーラーです。ターマック専用のタイヤが山積みでした。

Vcm_s_kf_repr_882x588

そして2位の勝田さんのインプレッサです。

Vcm_s_kf_repr_910x572

Vcm_s_kf_repr_896x580

そして、3位石田さんのマルシェランサーです。

Vcm_s_kf_repr_868x600

Vcm_s_kf_repr_902x577

路肩から離れた木立の多い隙間からハイスピードの競技者を捉えるのは大変でした。どうしてもシャッタースピードを上げざるを得ないのが残念でした。来年のギャラリーステージ設定に期待です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

コースの奥はあじさいの花が咲き乱れ、素敵な公園でした。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4Vcm_s_kf_repr_882x588_5Vcm_s_kf_repr_882x588_6

競技者、主催者、オフィシャルの方々、そしてサービスのみなさん、すべての関係者の皆さん暑い中ご苦労さまでした。来年を楽しみにしています。

Vcm_s_kf_repr_882x588_11

Vcm_s_kf_repr_882x588_7

Vcm_s_kf_repr_882x588_8

Vcm_s_kf_repr_882x588_9

Vcm_s_kf_repr_882x588_10         

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

全日本ラリー観戦

群馬県渋川市で開催された全日本ラリー「モントレー2012」の観戦に出かけてきました。

渋川市の総合公園内の特設SS(スペシャルステージ)が今回の観戦場所です。

シャッタースピードが速すぎて停車状態になっちゃいましたね。カラフルなカラーリングが多くなりましたね。

Vcm_s_kf_repr_938x555

Vcm_s_kf_repr_942x552

Vcm_s_kf_repr_910x570

Vcm_s_kf_repr_882x588

観戦場所の良いところが空いてないので、こんな直線部分での撮影になってしまいました。

後半はシャッタースピードを落としました。この位でないと動きが出ませんね。

Vcm_s_kf_repr_938x554

Vcm_s_kf_repr_916x566

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

今日はカンカン照り。めまいがするほど暑かったのですが、周りの木々のおかげで少ししのげました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

このステージ2本目の逆走です。スタート近くに陣取りました。

露払いの0カーは、ラリー・ダートラではお馴染みの御姫様、大井こずゑさんが務めてくれました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

Vcm_s_kf_repr_882x588_6

この運動公園は緑が多く、森の中を駆け回ります。大井さんがスタートしていよいよ2本目の開始です。

Vcm_s_kf_repr_588x882

Vcm_s_kf_repr_882x588_7

Vcm_s_kf_repr_882x588_8

Vcm_s_kf_repr_588x882_2

Vcm_s_kf_repr_882x588_9

スィーパーは、星野さんのエボ車でした。運転手は、本人ではなかったですね。

Vcm_s_kf_repr_882x588_10

無事2本目も終了し、催し広場へ足を延ばしてみました。

世界の新井さんのトークショーの最中でした。話術も全開です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_11

各出店ブースは大盛況のようでした。

Vcm_s_kf_repr_882x588_12

Vcm_s_kf_repr_882x588_13

会場のあちこちに歴代の名車が陳列されていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_14

逆にこちらは最新の86のエンジンです。

Vcm_s_kf_repr_882x588_15

会場からリエゾンラリー区間へ各車出発していました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_16

この区間は、ナビの腕の見せ所です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_17

ラリーは明日が最終日、どんな結果が待っているのでしょうか。

会場は見どころ満載で飽きることがありませんでした。紹介したい写真は沢山有るのですが紹介しきれません。                     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

吾妻線の記録/14

たまには路線沿いのアップも紹介しましょう。

心配になるほど草が生い茂っていました。いかにもローカル線といった風情ですね。

Vcm_s_kf_repr_882x588

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

あまぎ色、元祖定番色はやっぱりいいですね。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

沿線に素朴な野草が愛らしく咲いていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

今回新しく装着したUVフィルターにライトのフレアが出てしまい、ちょっと使えない感じです。何ショットもフレアが出てしまいもったいないことをしました。このフィルターはお蔵入りですね。

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

撮影の合間に、農作業を終えた方が線路を横断していきました。 とてものんびりした時間が流れていました。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

吾妻線の記録/13 平沢橋梁

今日は、石積みの橋脚がとてもレトロな「平沢橋梁」です。

Vcm_s_kf_repr_882x588

あまり話題にならない小さな橋梁ですが、とてもレトロな味わいがあります。

上り草津号です。渓谷を抜け、開けた所に出てきました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

同じく上りの普通列車の俯瞰です。遠方から見るとかわいい橋梁ですね。

Vcm_s_kf_repr_588x882_3 

逆の下り普通列車です。民家とはここでしばらくお別れです。これから渓谷の素晴らしい景色が待っています。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

吾妻線の記録/12 第三吾妻川橋梁

前回の第二吾妻川橋梁に続き、今回は川原湯温泉駅の下り側にある第三吾妻川橋梁です。第二とともに周りの景色に包まれて見応えのある橋梁です。

最近、後方に建設中の湖面一号橋の姿がみるみる大きくなってきました。

段々と離れた所から撮影した写真を紹介します。こちらは車道橋の上り線から撮影したものです。

Vcm_s_kf_repr_588x882

こちらは、車道下り線からの撮影です。

Vcm_s_kf_repr_882x588

ちょっと引いて川も入れてみました。後方に道路橋の橋脚が見えます。橋の高さからこの鉄橋が完全に湖底に沈んでしまうことが想像できますね。

Vcm_s_kf_repr_588x882_2

川原湯温泉の第三吾妻川橋梁の3兄弟橋です。

Vcm_s_kf_repr_926x561_2

グッと引くと、新線の新川原湯温泉駅の予定地も入ってきます。左下からトンネルが予定地に口をあけています。(この角度からは反対で見えませんが。)小さくて分かりずらいですが、写真中央に上の写真の橋が見えます。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

最後に、駅方面側からのあまぎ色特急草津号です。

Vcm_s_kf_repr_600x868      

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

吾妻線の記録/11 新緑の第二吾妻川橋梁

PCも無事復旧し、今日からまたブログの更新を再開いたします。

撮り貯めた吾妻線をもう少し紹介していくことにします。今日は、川原湯温泉駅の上り方面にある第二吾妻川橋梁です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

吾妻線は吾妻渓谷に掛かるこの第二・第三吾妻川橋梁が好きです。典型的なトラス構造の鉄橋は、渓谷の四季折々の新緑や紅葉そして冬枯れの木と装いを変え、そこに竹色の川が一層のアクセントを付けて素晴らしい景色を見せてくれるからです。

新緑の時期は湘南色の115系のオレンジ色が似合ってますね。

こちらは、色が溶け込みすぎの「やまどり」です。去年の今頃、群馬DCの臨時列車を後追いで撮影しました。

Vcm_s_kf_repr_912x571 

後方に見える橋柱は、湖面1号橋の工事現場です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

俯瞰撮影を行ったこの場所は現在は工事車両以外は、進入禁止となっているようです。

Vcm_s_kf_repr_836x621_2

晴れと曇りではこれだけ雰囲気が変わるんですね。

Vcm_s_kf_repr_904x574_2 

吾妻渓谷の遊歩道を降りていくと、川から見上げる橋梁を撮影できます。こんど湖面下に沈む吾妻渓谷の記録を撮りに行ったときに撮影することにしましょう。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

吾妻線の記録/10 丸岩大橋からの俯瞰

今日は、何度か紹介している湖面3号橋の丸岩大橋からの俯瞰です。

上り普通列車の湘南色が新緑に映えていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588

こちらはもう少し手前の草津温泉口駅寄りの風景です。後方に新線となる第三吾妻川橋梁が見えています。

Vcm_s_kf_repr_588x882

丸岩大橋の名前となった丸岩が橋の前方にどっしり座っています。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

Vcm_s_kf_repr_588x882_2

梅雨に入ってからはなかなか青空の元で写真を撮れませんでしたが、そろそろ梅雨も明けて、暑い夏に突入しそうですね。この日はお天気も良く、空を大きく入れて周辺の景色を撮ってみました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

吾妻線の記録/9 林地区のトンネル

今回は、草津温泉口駅と川原湯温泉駅の間にある林地区です。ここは、有名な湖面橋の不動大橋のあたりになります。

Vcm_s_kf_repr_882x588

こちらは、不動大橋からの俯瞰です。この風景は以前も紹介しています。

Vcm_s_kf_repr_884x589

そして吾妻川の対岸から見た風景です。上段の橋は、145号線の付替え道路です。

左側の建物は、やんば館です。八ッ場ダムの資料館で、半世紀の歴史やダムのことがわかります。

Vcm_s_kf_repr_884x589_3

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

そして上り方面に進むと今回紹介したかったトンネルが幾重にも口を開けています。

入っては出、出ては入るトンネルのリズミカルな出入りが続きます。

Vcm_s_kf_repr_588x882

吾妻線の付替え新線は、殆どがトンネルとなってしまい、変化に富んだこの素晴らしい景色を眺めながらの吾妻線での旅はあと僅かで出来なくなってしまいます。    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

吾妻線の記録/8 松谷発電所周辺

昨日に引き続き、松谷発電所周辺の様子です。雁ヶ沢のループ橋からの俯瞰風景です。

川原湯温泉駅発の上り普通電車を定点撮影で追いかけてみました。

吾妻渓谷を抜け、民家のある平地に電車が現れました。右下は松谷発電所です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2 

そして、昨日紹介した取水口の上にある鉄橋です。

Vcm_s_kf_repr_588x882

鉄橋を渡るとその先は、雁ヶ沢の踏切です。撮影している道路はこの踏切に繋がっています。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

奥に新線の吾妻川第二橋梁が見えてきました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

そして、付替えの新線への接続点へと差し掛かります。

Vcm_s_kf_repr_904x573

この景色はこのまま残りますが、近い将来新線へ切り替えられるとこの電車の走る風景は見られなくなってしまいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

吾妻線の記録/7 松谷発電所周辺

吾妻線の吾妻渓谷に差し掛かる手前に、東京電力松谷水力発電所が有ります。

今日は、その発電所の取水設備の上を通る鉄橋を紹介します。

最近、あまぎ色の185系が入線し華を添えています。懐かしい色ですね。

Vcm_s_kf_repr_882x588

鉄橋の下はご覧のとおりの発電用の取水口が口を開けています。

Vcm_s_kf_repr_588x882

ループ橋から見下ろすとこんな風景が広がっています。付替えのバイパス道路がまだ部分開通だった時は、このループ橋が連絡道となっていたために通行量が多かったのですが、この先までバイパスの延長部分が開通してからは、ループ橋の通行量が減り撮影が楽になりました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

右奥には、付替えの新線となる吾妻川第二橋梁が見えます。

吾妻線の付替え廃線区間は 、とても変化のある魅力的な風景が広がっています。記録を始めるまではあまり気になりませんでしたが、知れば知るほど素敵な路線でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

吾妻線の記録/6 保線

いずれ新線に移行してしまえば廃線となってしまう吾妻線の一部在来区間も、廃線のその日まで保線員の努力によりメンテナンスされるのでしょうね。

Vcm_s_kf_repr_882x588

最近、記録写真を撮っているとよく保線の人達に遭遇します。保線の人達も記録の1ページとして写真に収めさせていただきました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

電車の通過後、カーブの頂点のレールの様子を熱心に点検し、写真に収めていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

そんな点検のおかげで吾妻線の安全運行が成されています。

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

川原湯温泉駅~草津温泉口駅間にあるS字カーブです。撮影ポイントをもう少し左右に振れれば面白い写真が撮れそうですが、この場所が限界です。すべて同じアングルで時間の経過を切り取ってみました。

あまり紹介されていない場所の写真を少しずつ紹介していきます。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

三笠宮さま

数日前、三笠宮さまがご病気で入院されたと聞き、そういえば若かりし頃の凛々しいお姿を伯父が撮影した写真があったことを思い出しました。

Pict0001_1

このお姿は、1956年の夏に軽井沢町でボーイスカウトの第1回日本ジャンボリーが開催され、そこに出席された時のものです。41歳だったの時のご様子です。

伯父がこの時に関係者としておそばに居られたのでこのようなリラックスされたお姿を間近で撮影できたようです。

三笠宮さまは、今年で96歳。先日の寛仁さまの葬儀以来体調を崩されたとお聞きしていますが、ご高齢ですから、心労が響いたのでしようか。

今日、無事に心臓の手術を終えられたと聞きました。早期の回復をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

吾妻線の記録/5 緑の景色をゆく

吾妻線は今、山々の緑が綺麗な季節となっています。

山々の木々を抜け、鉄橋を渡り、そして幾つものトンネルを出たり入ったり。湘南色の電車は稜線沿いにくねくねと曲がってゆっくりと進んでいきます。

Vcm_s_kf_repr_882x588

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

Vcm_s_kf_repr_882x588_6     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

日本初の電力会社が開業した日

日本中の原子力発電所が全停止していましたが、今月に入って遂に大飯原発が運転を再開し、今日7時に送電が始まってしまいました。

絶対に事故を発生させてはいけない原子力発電所ですが、ひとたび事故を起こしてしまうと未曾有の大災害を引き起こしてしまう怖ろしいものです。絶対の安全なんてあるんでしょうか。効率より、安全を優先してもらいたいものです。

前置きが長くなりましたが、奇しくも1886年の今日は、「東京電燈株式会社」という電力会社が日本で初めて送電を開始した記念日です。

こんな記念日に時を同じくして送電するとは。あまりの偶然にビックリです。

このころ電力会社は、時代の需要の流れとともに多数起業されました。この時期の電力会社は鉄道事業も併設しているケースが多く、この東京電燈株式会社も、、前橋電気軌道・利根軌道・吾妻軌道・江之島電気鉄道などの鉄道事業を行っていました。

こちらは、1953年に撮影された高崎駅前の路面電車の様子です。

Vcm_s_kf_repr_882x588          (高崎観光協会発行 「観光たかさき」より)

こちらは、現在のJR吾妻線の長野原変電所です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

Vcm_s_kf_repr_882x588_4   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

国鉄時代の山手線切符

以前、昔の切符を沢山持っていたのですが、大部分を処分してしまい、今になってもったいなかったと後悔しています。その殆どが自分で使ったものなのでなおさらです。

そんな昔の切符の一部が手元に残っているので紹介します。

こちらは、国鉄時代の山手線の切符です。

Vcm_s_kf_repr_882x588

硬券の時代ほど古くはないですが、券売機で発行された切符です。自動改札機がそろそろ出来始めたころのもので、これは改札口で駅員が鋏を入れたものです。この切符は、裏も白い一枚紙ですが、自動改札になると真っ黒な磁気シートになりました。

駅ごとに鋏の切り形が違って一頃は山手線の駅名がいくつか当てられたものです。

そして、改札での鋏入のリズミカルな音は心地よく、懐かしく思い出します。飴切りのリズムと似たものが有りますね。

珍しい切符が沢山あったんですが残念・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

草津白根高原の夜明け

早朝の雨上がり、これは雲海の出来る確率が高い・・・。よって、素晴らしい朝日が撮影できるに違いない・・・。と、当人は思い込んでいる。

天気予報ではそんな条件の予報。丁度休みだし、これは早起きして山に行くしかない。なんて自分に言い聞かせて「草津白根高原」に行ってきました。

逆算すると2時に起きないと間に合わない。この時期、日の出は4時半なんですよね。早すぎ。

予定通り2時に起床。道中はスムースにいき、予定より早く着きました。あー、もう少し寝るんだった。

草津白根高原ルートは、ご覧のような漆黒の闇。ま、時間が時間ですからね。山の中だし。

Vcm_s_kf_repr_832x624

目的の場所に到着。しかし、そこそこの雲海は出ているのですが、上空にも雲が・・・。

Vcm_s_kf_repr_882x588_9

やな予感。これでは、雲海に朝日が出ても、主役の太陽が隠れてしまいます。

Vcm_s_kf_repr_882x588 

もうすぐ日の出。実際はもう少し暗かったのですが、ちょっとシャツタースピードが遅すぎました。

そして、どんどん増える雲。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

わー。もう日の出の時間過ぎてる・・・。てことは、空振り。がっかり。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

気を持ち直して、風景写真を撮って帰ることにしましょう。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

Vcm_s_kf_repr_882x588_6

Vcm_s_kf_repr_882x588_7

Vcm_s_kf_repr_882x588_8      

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »